スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フキノトウ初採り

170120フキノトウ初採り
1月の20日に今年初めてのフキノトウを採りに高知県境の林道へ行ってみた。
その前の曜日に大雪が降ったあとだったので、林道にも2,3cmの雪が積もっており
その雪をかき分けないとフキノトウは見えなかった。10個くらい採れただけだった。

あれからは寒波が押し寄せていないので、もう雪も融けたのではと思うが、わたしの
勘ではまだ2週間くらい早いと思うので、2月の10日くらいまでは待ってみようと思う。

最近は女房が一緒についてきてくれないので、わたし一人が行くのだが、雪の中に
イノシシの足跡が林道の下から3kmまでずっとついている。いつ出てくるかわからない
ので、出てきたときの状況を頭に描く。

まず、イノシシと対面したときは少し威嚇をしてみて、ウリボウなら逃げるのは体験して
いるが、大人のイノシシの場合は経験していないので、威嚇でも効き目がない場合は
まずそこいらの拳3個分くらいの石を片手に持ち、利き腕の左手にはフキノトウを切る
ときのカマの小さいのを握りしめ、突進してきたときは、足をかまれるのは甘んじて受け
(なるべく噛まれる前に)眉間をめがけて石をおろし、カマで胸から腹へかっさばく。

怪我がひどい場合は林道入り口のキジをさばく工場へ電話して助けを呼ぶ。この工場
の電話番号はちゃんとメモしている。

これをシュミレーションするが、イノシシが表れないよう犬の鳴き声を発して歩いている。
ちょっと情けないが、これで近寄らず山へ帰ってもらいたいのが本音である。

真冬の挿し木

170120真冬の挿し木
11月の半ば「スズバラ」の挿し木をしてもう2か月は経った。1か月すぎたころ葉っぱが
全部落ちてしまい、ああやっぱりダメかと思ってそのまま放置していたところ、よく見ると
新芽みたいなのが生きているではないか。

幹も褐色に枯れないで緑っぽさが保たれている。もしかしたら多少の根が生えている
のではないかと希望がもてる。いままでのものなら引っ張ってみて上がってこないよう
なら根が生えだしたと安堵したものだが、今回は引っ張ってみる勇気がない。以前何か
がこんな状態のとき、引っ張ったらスコンと抜けた覚えがある。

すべては4月ころの新芽の伸びがあるまで希望をもって待つことにしよう。

コケの移植

170120コケを移植
以前は玉砂利を敷いていたところ。箒で掃除するたびに少しづつ玉砂利が無くなって
きたので、2年前にコケを移植してコケのはえる溝にしたかった。しかし梅雨の終わり
ころ同じようにコケを庭から切り取ってきて移植したが、だんだん熱い夏に向かっての
時期だったためか、移植に失敗。すべて枯れてしまった。

こんどは轍をふまないように移植時期を変えた。それにコケの上っ面を剥がさないで
深く土ごと持ってきた。少し膨らんでいるが、このほうが根を保護出来るのではないか
と一人合点。さあこの時期果たして成功するか否かまた梅雨の自分に判断するべ。

しかしこの時期は小鳥(シジュウカラ)の巣作りの季節、庭のコケがいたるところで剥が
されているので、ここのコケはすぐ剥げるわいとつつかれる心配はある。ま、運を天に
任せて放置するしかない。

ここは10mほどあるが庭のコケを相当剥がしてしまったことにより、女房の機嫌がよく
ない。女房は2年先の庭作りの成果をイメージ出来ない。剥がしたコケも2年も経てば
元通りになるだろうし、この溝が青々として、コンクリートのなかにオアシスが生まれる
のに・・・。

甘味処「和久伝」

161230和久伝
娘がわたしが甘い物が好きなのを知っているのか、鍵善(くず)とか和菓子を作りながら
食べられるところとか、今回みたいに和久伝という甘味処へ連れて行ってくれた。

繁華街ではないのに、次から次へとお客さんが入ってくる。わたしみたいな年寄の男は
いない。若いカップルか女同士のニコニコ組が多い。でもわたしは鍵善のあの甘ったる
い葛が一番好きです。

今回イノダの本店前を通ったのにコーヒーは飲まなかった。そういえば去年の春に飲ん
で以来久しい。でも昔ほどイノダのコーヒーはおいしいとは思わなくなったのでいいか。

となりの軽四が止まっているところが京都大学学長の山極さんの家だそうです。むかし
壽一さんはとうさんと似ていると云っていたのを思い出す。どんな人かも知らないうちに
いまは京大の学長である。娘が家の前を通ってあっ○○さんがいるというのでそれ誰と聞く
と奥さんだという。そんなに親しいのか。

嵐山界隈は日本人は1割

161230天竜寺
美空ひばり館がなくなったのは寂しい限りだが、嵐山の奥周辺を散策した。保津川の
遊覧船乗り場から少し上へ行ったところから大河内山荘に向けて歩く。そこから嵯峨野
竹林を通り、常寂光寺へ。

この間一時間あまり歩いたが、行き交う人、追い越される人ものすごい人間の数に圧倒
される。欧米人1割、日本人1割、あとの8割はアジア系の人種でもぶれていた。

帰りがけ天龍寺へ寄り、精進料理をいただく。思ったより味も濃くおいしかった。庭園を
散策したが、ここも苔寺(西芳寺)に負けないほどのコケがいっぱいあった。小山を下り
て行くときれいに整備された竹林に出合う。
もうこの西は嵯峨野竹林に続いている。どちらが越境してきたのかわからないけど、お
互いの良さがあり一見に値する。

次回京都を訪れたときは御朱印帳を作って、その設備がある寺に寄ったときは御朱印
をいただき、蒐集してみたい。四国八十八ケ所巡りの納経帖と同じものだろう。