やり直し

180213パーゴラ
せっかく作ったパーゴラなのに、私としたことがピンボケ写真をアップしてしまった。
斜めの斜交いが1本しか入れていないのに×印に見えるので、これはこれで
成功した視角のアヤであろう。

地面に植物が見えるのは全部クリスマスローズである。まだ花は見えない。これで
10年はこのパーゴラは元気にバラの添え物として活躍してくれるだろう。

気が付いた方もいたかもしれないが、これからしばらくはカタカナの変換は半角扱
いで出してみようと思います。いままでは変換はF7キーを使っていたのですが、
F8キーにしてみます。変わったことをしてみるとなんか新鮮に感じます。

この手法はある方のマネをしました。F8キーは右薬指で押すことになると思うけど
慣れるまでは戸惑うかもしれない。年の割には私はキーボードを見ないで打つよう
になって15年くらいになるので指達者である。

この打ち方を見たのは、わたしが大丸百貨店で商品撮影をしていた、横のブース
でお歳暮のラベルを打ち出していた女性の指先を見て、どうしたらそのような芸当
が出来るのかと問うたことがきっかけだった。答えは知らぬ間に打っていたとのこ
どだったが、これは鍛錬しかないと思いそれから精進した結果です。


フェンスとパーゴラの製作

180210パーゴら
3日ばかりフェンスとパーゴラの製作に没頭しておりました。風邪の具合もそこそこ
と何日にもう一度来なさいと云われていたが、また8、000円とられたらたまらんと
ボイコットした。風邪くらいでCTとったりするかなあ。

風邪は気合で治そうとフェンスの製作にとりかかる。この極寒の何日かにこんな事
するかあ。2月は1年のうちでもお客様の一番少ない月であるので、ちょうどいい。

パーゴラの窓に×に板を通そうとしたけど、材料費節約のため斜めに1本しか入れ
なかった。でも出来上がってみたら×にいれたらごちゃごちゃしたのでちょうど良か
った。これでも材料費が6,000円ほどかかった。病院へ行かなくてよかった。

わたしは完全な左利きだがノコとか鉛筆は右で使う。小刀は右だが斧になったら左
にかわる。しかしボールを投げるのは右なのに包丁とかハサミとか切れ物になると
左にひるがえるわが女房。切れ物だけでなくやっぱり刷毛を左手に持っているワイ。

パーゴラを塗るとき気を付けないといけないのは、袖口に塗料が着くから気を付ける
ようにと指示しておいた。食事時塗り残しがあるので塗り加えていたところ両袖の裏
側にべっとりペンキを付けてしまった。

気付かれたらまずいと思い、隠し隠し作業をしていたら、作業をするときは街着では
なくボロを着てしたらどうなのと両腕についていることを指摘された。一番まづいこと
を云われて夫として権威が地に落ちた。

我が最愛のピアニスト

180206ビル・エヴァンス
大好きなブロガーの記事を呼んでた時、何のコメントもなしに「ビル・エヴァンス」の
文字を載せていた。普通の方がジャズメンの名前を書くなんて予想もしなかっただ
けにその驚きはただものではなかった。
(以下ジャズに興味のないかたは無用)

いまではマイナーなジャズ人口、ちょっと病んだときなどレコードに針をおとしてみ
ようかという気になるのは不思議な気がする。もう50年も前に買ったレコードを大
切に温めている。プチプチという音も五感のひとつでなんの抵抗もない。

若いころはモダンジャズにのめり込んでいた。新宿の洋楽レコード店に通い詰め
欲しいレコードを見つけたときはどこへも寄らず下宿に帰って一日聞いていた。
そのころはJBLは高嶺の華でトリオのスピーカーに甘んじていた。

ワルツ・フォー・デビィは127番目、ポートレイト・イン・ジャズは161番目に購入した
レコードである。600枚余りあるジャズレコードのうち比較的早く買ったものだ。
左肩に四角いものが貼っているのがNo票である。レコードの中央下部には例に
よって購入した日を書いている。
ビルエヴァンスも亡くなる半年前に熊みたいになった顔での演奏を高知で聞いた。
アート・ペッパーも、デューク・エリントンもミルト・ジャクソン、エルビン・ジョーンズ、
ケニー・ドリュー、ソニー・ロリンズ、ハンク・ジョーンズ、シェリー・マン、ズート・シム
ズ、ヘレン・メリル、秋吉敏子、フレディ・ハバード、フィル・ウッズetcいろんなところ
で聞くことができた。でもレコードで聞くハングリー精神はどの人にもなかった。
みんなパッピーハッピーな演奏で落胆したものである。

7年ほど前まではいまのブログではなく、ちゃんとしたホームページをもっていた。
その1ページに所有のジャズレコードを購入順にパーソネルなども載せていたところ
郷土出身のプロジャズメン・ピアニスト小野孝司氏がうちを訪ねてくださり、愚盤をい
れることなくこれだけのレコードを蒐集したことはたいしたものだと褒めてくださった。

それを聞いて私のレコード蒐集には間違いはなかったことに自分を褒めてやった。
マイルス・デイビスが「ヴィッチェズ・ブルー」を発表して以来、わたしはレコードの
蒐集から足を洗った。マイルス・デイビスも好きなプレイヤーだったけどあのレコー
ドだけはわたしの心が許せなかった。もう30年近くレコードは買っていないが、もう
これだけのものでわたしは満足。ハッチさん、CDでもいいですからモダンジャズを
愛していきましょう。

自転車のパンク

180120自転車のパンク
少しの間ご無沙汰になりました。
この一週間はインフルエンザらしき症状で不機嫌でした。きょうやっと医者へ行って
CTとかレントゲンとかを撮って、肺炎を起こしかけておりましたとの診断。胸に昔
からある傷がちょっと気になるとかで、、また来週県病院へ行かなくては・・・。 涙

会計のとき8000円余りの支払いで女房は後ろへひっくりかえりそうになったと云
っていました。かぜひきでいったにしては高額すぎるのではないだろうか。それを
聞いてわたしも治りそうな風邪がぶりかえりそうでした。

しばらく乗っていなかった自転車に乗って遊んでいるとパンクしてしまいました。
チューブの交換に行ったらもう経時変化で当然チューブは替えないといけないと
いわれた。当たり前で5年もチューブは替えておらずボロボロだったろう。

夜中にパンクして小雨のなか自転車を押して帰ったあの30分くらいが体調を狂わ
す原因になったのではなかろうか。


それから記事の左にいろいろなことがでるようになったのでわかったのですが、
コメントを書いてくださる方がおられるのを知りましたが、どうやって返信をするの
かわからないので、放った形になってますがすみません。また勉強してみます。
コメントを頂いた方ありがとうございました。

この子は、かわいそうな運命

180118置物
もう10年も前のことになるだろうか、農家の子が植木鉢に座っている焼き物を
いくらで競り落としたかは忘れたがわたしの物。高さは60cmほどある。

しかし植木鉢の下に穴がないのだ。以前はオリーヴを植えて水遣りは気を使って
1週間に一回と決めていた。植木鉢は一辺が18cmの正方形だが、底を3cm程
かさ高にして土に水分が溜まらないように気を使っていた。

そんな緻密な愛情を施していたのに5年くらいでオリーブが去年の暮に枯れた。
そのかわりに女房に安っぽい花と云われたデージーみたいな花を植えるところが
ないのでここに植えてやった。

この像を競り落としたときから女房は好きでなかったらしい。うちの庭には合わない
ということらしい。でもこの子には責任はないだろう。
なのでこの子の立ち位置は目立たないエアコンの室外機の上と決められていた。
それまでは室内で管理していたこともあった。

だいたいわたしが買い求めたものは、当スタジオプロヴァンスに受け入れてもらえ
ないものと相場が決まっている。わたしも理解はしているが・・・。邪見に扱われる
この子がかわいそうと思う。

いつか野良猫かなんかに室外機から落とされ、犬走りで頭を打って黄色い帽子が
割れてしまったのとズボンが割れてしまった。5,6個に割れた破片を丁寧にくっつ
けてもう5年にはなろうか。車付きの植木鉢の縁に座ってる。

誰からも愛されないこの子をわたしが元気なあいだは面倒みてやろう。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR