高木美帆を絶賛する

180221パシュート
ピョンチャン・オリンピックももう少しで終わろうとしているので、ぜひ褒めてやりたい人が
いるのを、少しあわててここに載せる。

高木美帆なる選手はあまり好きな顔ではなかった。どちらかというと嫌いなタイプ
だったように思う。1500m、500mで銀、銅を獲ったことにはなんの反応も示さ
なかった自分があったように思う。何故かというと好きなタイプではなかったから。

しかし最後の種目パシュートの予選であんなパフォーマンス(?)をしてゴールしたあと
両手を腰につっぱった、まるで練習を終えたようなポーズをとったことには、ふっ
と立ち上がったポーズより驚いた。お前は真剣にレースに臨んでいるのかと。

その後、準決勝、決勝とその勢いには脱帽であった。あれほど好きでなかった子
が急に可愛いと思うようになってしまった。勝手なものだけど、本当にそう思った
から世の中面白い。

一人の選手が金、銀、銅を獲ったのは夏冬合わせて初めてではないのだろうか。
夏の柔道などではあるかもしれない。体操はどうか。わからない。
報道ももっと高木美帆のことを褒めたたえてほしかった。一人で3つの重い勲章
を獲ったのだから。

パシュートなる競技をバカにしていた自分がいたが、嫌いだった高木美帆のサングラス
で目は見えなかったが、小平に負けない獲物を追う鋭い目をしていたに違いない。

ピョンチャン・オリンピックの成果は他に金を獲った者もいたが、金を獲るためのプロセ
スを考えると高木美帆は最高だ。
銀じゃあダメなんです。オリンピックは金でないと。負けて銀になる競技があるが銀に
涙する結果になるのです。知らぬ間に高木美帆を好きになっていた。

草取りヘラ

180222草取りヘラ
うちに草搔きはないではないが、まったく利用していない。自分独自の草取りヘラを
庭中に15個くらいいろんなところにセットしてある。写真はケヤキの木に吊り下げて
いるのだが、こんなのが5m間隔くらいで置いてある。材料は竹です。

庭を散歩しているときに、草の1本を見つけるとむしり取るのではなく、根を掘り起こ
して確実に取り去るためにこの「草取りヘラ」をその一番近いところにあるヘラを取り
草取りをする。わたしは根をのこすのが大嫌いな性分です。

写真下は5年~10年使った草取りヘラを処分して、新しく作ったものと交換しました。
わたしは既成の道具を使うのではなく、一工夫した手作りの道具を使うのが好きな
のかもしれません。

家の庭からえんとつ山が見えた

180220えんとつ山
30年くらい前まではうちの庭から地域では有名な「えんとつ山」が見えていた。
しかし昨今の建築ブームでうちから東方向に「えんとつ山」が見えなくなってしまっ
たと思っていた。

なぜこのような位置で「えんとつ山」が見えることを確認出来たかというと、ちょうど
この位置に鳥が運んできたどんぐりの種が芽生え、調べると「ミズナラ」の種だった。

この木が大きく成長し、この位置からは本当は見えていたのに「えんとつ山」が見
えなくなっていたのだ。去年の秋にミズナラもほっておくととてつもなく大きな木に成
長するので、せっかく鳥からの贈り物だったのだけど、伐採することにした。

伐採したあと家家の間にえんとつが見えるではないか。ミズナラが大きく成長する
まではこんなに家がたくさん建ったのでもう見えなくなったと先走り勘違いしたのだ。
この一瞬の位置でしかえんとつが見えないのだ。

話せば長くなるが、この「えんとつ山」は昔、別子銅山の銅の製錬でもくもくと煙を
出し続け、煙害の訴訟が持ち上がり住友鉱山がやむなく、新居浜沖の四阪島に
製錬所を明治の中頃だったと思うけど移したのだ。その名残りがこれなのだ。

とにかく昔の通り「えんとつ山」に毎朝挨拶が出来るようになったのはありがたい
ことである。

人それぞれ

180214車のナンバー
あっひとつ前なら11-11なのに残念!
と・思いきやこの人はこの11-12が欲しかったんですね。車種ナンバーからしても
この番号を取りたくて取ったということでしょうね。あなたは11月12日生れなんで
すか。そんな気がしますよ。

後ろを走りながらどんな人だろうと人それぞれなんだと・・・・・・。

褒美の日

180212四川亭
月に1回か2回、なにか良い事をしたときなどに昼ご飯を隣町に食べに行く。
2品を選んで消費税込みの1,000円。食材は少し少ないようですが、これが
味が絶品!

特に酢豚は2,000円出しても食べたいと思うような実に見事な味がする。
どちらも家ではあまり出てこない食事のような気がします。

四国中央市土居町「四川亭」、一度食べにいってみてください。11時半から
です。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR