FC2ブログ

曰く因縁の飾り鉢

180927飾り鉢
うちの庭にはこのような飾り鉢がところどころにおいてあるが、この二つには
面白い因縁話がある。

左の鉢は香川県へうどんを食べに行ってた時、国道沿いの園芸店でこれと
同じものが2つ、ほかにこれと同じ作者の鉢類が4点ほどあった。店のオー
ナーのおばちゃんに、これはいくらですかと聞いたら、「ここにあるものは全
て預かり売りの商品だけど、もう3,4年まったく売れていないがね。」という。

でも値段が最初はついていたんでしょと聞くと値札がついてないかねという。
「おばちゃんこれいくらなの」「そうだね二千円もらっとこうか。」同じものが
もう一つあった。四千円払って逃げるようにして車に積んで店を出た。

引き止められて「いやあれは本当は一万円だよ。」と言われるまえに飛んで
帰る。あの手の飾り鉢は1個一万円は超すものだ。それを知っているので
ほうほうの体で家路に・・。まだ3個くらい違う飾り鉢があった。あれも買おう
と次の週またうどんを食べに行くついでに寄る。いやついでではない、そこ
がメインだ。結局八千円くらいで全部が買えた。

おばちゃんはなんの疑いもなく、また残りのものも千円とか二千円とか法外
な値段を言う。言われるままに全部買って帰った。それからしばらくはその
お店には近づかなかった。もう7,8年まえになるから時効だねぇえっ。
うちにはこれと同じ飾り鉢が3体ある。

つぎに右の飾り鉢だが、タケノコを取りに竹やぶに入ったら、足の黒っぽい
ところで真っ二つに折れて捨ててあった。上を先に見つけたのだけど下が
ない。下がないと何にもならないと、タケノコをそっちのけでその辺を探し回
っていると3mくらい離れたところで見つけて小躍り。

さっそく家に帰って修復する。重さが9kgあったので自然に立てておいたら
石膏ボンドでしっかり付いた。水の流れ口があの黒くなったところだけカケラ
がなかったので、あそこから水が流れ出ることになった。でもタダなら文句は
言えないぞね。これは今年の春の話であった。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR