国道消滅か

59国道439号

これが国道か。
四万十市から剣山のふもとまで200kmはあろうかと思う長い国道が
国道439号線である。みんなは「よさく」と云って親しまれているが
国道なんだか、一般市道なんかよくわからない国道で有名であろう。

道の駅「布施ヶ坂」から道の駅「四万十大正」までいくのにこの村道か
林道かわからないところを2時間もかけて走った。

途中、工事中で20分ほど待たされたが、わたしの前の軽四のおねえさんが
旗振りのおじさんとかけあっている。
こってりの土佐弁で時間で通れるときと待つときがある看板が出てた出ていないで
討論している。

一段落してそのおねえさんがわたしに「おたくはその看板を見たがかあ」と
聞かれたがわたしも見た覚えがないと云った。そしたらまた旗振りの人にくってかかっていた。
軽四のよこには国土交通省〇〇事務所と書いていた。
どうみても役人には見えなかった。

コメントの投稿

非公開コメント