焼き芋用燃料作り

170913薪
サツマイモの季節がきました。火遊びの好きなボク。早速いそいそともらってきた
材木の切れ端をまたまた小さく切って、一辺が5~7cmに揃える。

材木の切れ端はもう3か月くらい前から庭の隅に積んでいた。いつまでここに積ん
でるのと叱られながらやっと燃料にするため切りだした。このサイコロのような木
片を斧で小さく裂いてロケットコンロに入れて燃やす。

こんなことが楽しい年になりました。

すべて切り終えて乾燥させるため1畳ほどの面積にいっぱい広げて一日天日にあ
てて乾燥しました。これでこの冬の燃料は確保出来ました。この丸ノコの歯は一回
も目立てしていませんが、よく切れます。6,7年まえ友達がくれた丸鋸刃です。
買うと万円する代物です。もとはとりませんがイヤというほど使わせてもらってます。

コメントの投稿

非公開コメント