焼き芋用燃料を作る

170225ロケットストーブ用薪
去年、竹、けやき、さくら等の燃料用の材木をかなり作って保管していたが、ついに
無くなってしまった。今迄は庭のケヤキを切って燃料木をつくっていたが、今回は
去年の台風で倒れたミモザの大木を割って12,3cmの大きさに切って乾燥させて
いる。(写真)

ロケットストーブにはこれくらいの長さの木が一番効率がいい。36cmに切り置いて
いたものを斧で割り、回転ノコで小さく切りそれをまた小さい斧でわり、乾燥してから
また一年寝かし今年の冬、焼き芋を作る燃料として使いたい。

ミモザの木を燃やしてみたが、イチョウの木と同じようになかなか火がつかない。
厄介な燃料になるかもしれない。一年間室内で乾燥させればなんとかなるかもね。

Post a comment

Private comment