嵐山界隈は日本人は1割

161230天竜寺
美空ひばり館がなくなったのは寂しい限りだが、嵐山の奥周辺を散策した。保津川の
遊覧船乗り場から少し上へ行ったところから大河内山荘に向けて歩く。そこから嵯峨野
竹林を通り、常寂光寺へ。

この間一時間あまり歩いたが、行き交う人、追い越される人ものすごい人間の数に圧倒
される。欧米人1割、日本人1割、あとの8割はアジア系の人種でもぶれていた。

帰りがけ天龍寺へ寄り、精進料理をいただく。思ったより味も濃くおいしかった。庭園を
散策したが、ここも苔寺(西芳寺)に負けないほどのコケがいっぱいあった。小山を下り
て行くときれいに整備された竹林に出合う。
もうこの西は嵯峨野竹林に続いている。どちらが越境してきたのかわからないけど、お
互いの良さがあり一見に値する。

次回京都を訪れたときは御朱印帳を作って、その設備がある寺に寄ったときは御朱印
をいただき、蒐集してみたい。四国八十八ケ所巡りの納経帖と同じものだろう。

コメントの投稿

非公開コメント