酔芙蓉は後始末が大変

161102酔芙蓉の後始末
夏場からいままで楽しませてくれた「酔芙蓉」朝が白く、昼間はピンクで夕方になったら
赤くなりすぼむ。しかしこの木は坊主にしておいても、一年で高さ4mくらいに成長する。

毎年太い幹だけにしないと、とんでもないほど大きくなって手に負えなくなってしまう。
細い枝はノコでいいが、太い幹はチェンソーで切らないといけない。

夏から冬にかけてずっと自在変化で楽しませてくれるが、後処理が大変なのだ。
早く処理しないと種が落ちて来年の春、雑草を引くくらいの量が芽生える。

コメントの投稿

非公開コメント