またまた京大へ

160808京大
朝女房と娘に置いてけぼりにされ、半日一人で過ごすことになる。二人は伊勢丹へ。
孫は「まが玉」を作りに区役所に出向いていた。

さてどこに行こうかと迷ったあげく、そうだまえまえから行ってみたかった「剣客商売」の
田沼意次の住んでいるという設定の山科にある「隋心院」に行くことにする。いつもテレ
ビに写る玄関があり、まあこんなものかと納得する。

そろそろ昼ご飯時だが、ここというところは駐車場がない。駐車場があるといえば50台
はとめられる京大の学生食堂がいいと今出川通りと東大路通りの交差点「百万遍」を
すこし下ったところにある京大の学食に向かう。480円、満足の食事であった。

食事が終わって一階の生協みたいなところにある本屋さんにより、害虫の「お絵かき虫
の生態学」という本を見つけ、うちの庭に鉢で育てている柑橘類の葉が最近お絵かき虫
の被害にあうので、一冊購入する。これくらいならわたしにもわかるような気がするけど
ほかの書籍はチンぷんかんプン!

食堂を出たところの通路でブラスバンドの練習をしていた。暑いのにこんなところしか
場所がないのか。でも彼らは文句は云わない。ことの成り行きが解かっているのだろう
頭のいい子達だもの。

2時ごろやっと二人は帰ってきた。孫がその時間に帰らなければ、もっともっと遅かった
に違いないような気がする。

コメントの投稿

非公開コメント