腰痛

160511腰痛1
今回で何度目だろう、人生20回くらいは経験している。ちょうど女房が留守をしている
さなかで独り身に病はつらい。憎っくきギックリ腰である。

腐るほどいろんなものを作りおきして出かけたが、最初の2日はニコニコして食べてい
たが、それ以降はまったく食欲が無く1日一食食べたらいいほうで、これをつづければ
腹の周りの贅肉もおちるのではないかと真剣に考える。

20回のうち2回は救急車のお世話になった。救急車の世話になるということは寝てる
体が横にもなれず、息をするだけでも腰に響く状態のときだ。救急車にのせられるのは
いいけれど坂道を下るとき頭が下がり、おまけにカーブを曲がるので病院へ着いた時
には完全に酔っていた。

2回目は「とうさん、どしたん?」と部屋にはいってきたのが息子だった。まだ消防署入署
してまもないころで運転手をしていた。、さぞ驚いたことだろう。タンカに乗せられるときに
体が動き痛い目にあうとおもっていたらステンの板みたいのが両方から差し込まれまっ
たく痛くなかったのを覚えている。そえに同じ病院にいったので同じ道を通ったにも関わ
らずまったく酔わなかったのはなぜだったのだろう。(酔いやすいタイプなのに・・)

Post a comment

Private comment