調律

160502調律
最低でも2年に一度くらいはピアノの調律をしなければならないだろう。
音楽会があるときにピアノを弾くくらいで、飾り物みたいなものでしかないのだが、音が
狂っていてはピアノのかたに失礼にあたる。かといって毎年調律するには経費が出ない。

ピアノの音が狂わないように、一週間に1時間くらいは自動演奏で音を出して誤魔化して
るのが現状です。

この調律のときだけ、蓋をあけると分かるのだけど「あしながおばさんより」というプレート
が貼ってある。じつはこのピアノは女房の友達が新品を贈ってくれたものです。80万円
ほどかかったと思うけど、いくら友達とはいえビックリしました。アフタヌーンティ スタジオ
プロヴァンスを始めるときのことです。それから3年ほどして心臓疾患で逝ってしまった。
女房より10歳は若かったと思うけど、いい人ははやく逝くものです。

コメントの投稿

非公開コメント