凝りもせず

160211フキノトウ
食べ過ぎて気分が悪くなった舌の根もかわかぬあいだに、またフキノトウを採りに
行っている。自宅から車で45分、四国山地を貫く一直線のトンネルで有名な寒風
山トンネル(長さ5432m)を出るとそこはもう高知県。

愛媛県では見られないが高知県の林道は、このように500m単位で立て看板が
設置されており、何かと便利。

運動を兼ねて2kmを上り道端のフキノトウを収穫する。上りは右側を下りも右側
を採りながら歩く。本当は4kmまであるが、もうこの辺までくると、袋が一杯になり
引き返そうと思うから不思議。

この林道のフキノトウはガラス細工みたいな繊細なものが多い。男ならえいっとむし
り採るが、女性はまあ採るのがもったいないと、きっと思うに違いない。

今夜は女房が作った天ぷらだった。あっそうか、フキノトウだけの天ぷらを20個も
もったいないと思って食べた男やもめの料理でなく、ちゃんと他の野菜も天ぷらに
して食べるのが普通なんだと、失敗してやっと気が付いた。

5個だけ添えられていた。

コメントの投稿

非公開コメント