玉切り台

160113玉切り台
何か作りたいという欲望が湧いてきます。要は時間が余って仕方がないだけのことなん
ですけどね。そんなに時間が余るのなら庭の落ち葉掃きを徹底してやったらどうですか
とお叱りのような要望がありました。

しかし物を作ることと、掃き掃除は大いに違います。それは物を作っているほうが百倍
楽しいです。材料は、2年前自治会館を新築したときに出た端材をもらっていたものを
使いました。0円の制作費です。こんな材料はまだたくさんあります。

今迄の玉切り台は、V字に切り込んだもう少し太目の材木を2本敷いてやってました。
それだと時々切り終わったあと土を切ってしまう失敗をしていました。これでも横材を
切ってしまうかもしれないけど、まだ土を切るよりノコ刃には優しいです。

切られる材料は貯木場から端材を貰ってくるのですが、いるだけを貰えばいいものを
一度にたくさん貰ってくるものだから、奥に見える丸太のように腐りかけているのが
たくさんあります。もう4年も前のもので、陽の当たらないところに立てかけていると
このようになります。

薪ストーブが大型になって薪材の長さが36cmという神話が崩れかけているみたいで
寂しい気がします。はやく薪ストーブの生活がしたい。飲食業を辞めないと今はムリ。

この写真はJpgではなく、gifで処理したのですがブログにはgifでも使えるのですね。

コメントの投稿

非公開コメント