わたしの右目

151222黄斑変性
この病気が発症して1年半くらいになる。おかしいと気付いたのは10カ月くらい前で
パソコンのタスクバーが右のほうの一か所かぎ針で押し下げたように、ちょうどレ点
が横線をつないでいるように見えだした。

メガネが合わなくなってきたなと軽く考えていたが、友達と話していたらそれはいま
テレビなどでよく云っている「加齢黄斑変性」という目の病気かもしれないから、すぐ
眼科へ行ってみたらとアドバイスしてくれた。

保険適用でも何万円もする注射を2度打つことになる。2度目の注射のあと1か月
くらいして眼底の写真を撮ったら正常な左目と同じように、きれいな美瑛の丘みたい
な写真に変わってきた。悪いときは美瑛の丘がプクッと膨れていた。

それから一か月毎の通院で視力が0.7以下になったらまた注射をしましょう。と脅す。
視力検査の前の日になると、ブルーベリーのヨーグルトを買ってきて食べ、緑の風景
を見て臨む。きれいなお嬢さん検査員に上じゃない右とか、下~か?じゃない左いや
やっぱり下だとか、お嬢さんの反応をみながら回答を変える。その辺は年季もんよ。
こんなことして何になるんだろうと反省しながらも、注射代が怖くて視力1.0を維持して
いる。

両目で物をみていたらこの黄斑変性という病気はなかなか見抜けない。モナリザの
ように片目づつ碁盤の目をみてクシャクシャになっていたら間違いない。わたしは今
でもクシャクシャしている。完全に元に戻ることはないらしい。現状維持に精魂を傾け
なければならないのだ。

わたしは左目が効き目なのでカメラのファインダーをのぞく左目が悪くならなくて右目
を悪くしてくれた天の神様に感謝。

コメントの投稿

非公開コメント