腐葉土作り

151206ケヤキほぼ落ちる
12月にはいってから、冬恒例の西風が吹くようになり、特にナンキンハゼの葉っぱが
どこへ飛んでいったのか道路がきれいに掃除されたかのようだ。

毎朝掃く手間が省けて大助かりだが、ケヤキは庭に落ちる。もうケヤキも8割かた落ち
てしまった。毎年この落ち葉で腐葉土を作っているが1.5×0.9m、高さ1.2mの箱
にもほぼ9割方詰まってきた。これを押し固めると7割方に凹むので、まだまだ入る。
今年はパン工場へEM菌をもらいに行くのが面倒くさいのでヌカしか混ぜていない。

この箱は取り出すときのことを考えて、短い一辺がすぽっと取り外せるように考案して
作った。材料も杉材より桧材がいいと思い高い金をはたいたが、写真でもわかるように
虫食い加減になっている。(3年ほど前一回箱の上下をひっくり返している。)ブロックの
上に載せていてもこの始末。こんなところには杉材のほうがいいかもしれない。

こんなにして腐葉土を作っても、余らし(方言?)そうな気がする。バカみたい。

コメントの投稿

非公開コメント