ドリップコーヒーのすすめ

151206コーヒーメイク
いままで何十年も朝の飲み物はインスタントのネスカフェコーヒーであったが、去年の
夏ころからわたしが目覚め、ドリップコーヒーを点てるようになった。

20年ほど前はやってはいたが、豆を買いに行くのが面倒くさくて止めてしまった経緯が
ある。何故復活したかというと、名水100選に選ばれていた西条市の湧き水を汲みに
行くのが面倒だったが、新居浜市の中にも「つづら淵」の名水があり、安易に汲めること
を知ったからである。

カメラのレンズを掃除するブロワを何故写したかというと、銀塩時代にはこれでレンズ
ばかりでなくカメラまでマメに掃除していたが、デジタルカメラになってからはレンズも
あまり掃除しなくなったが、CCDについたゴミをフォーカルプレーンを開放状態にして
吹き飛ばすのに使っていた。

それがいまは挽いたコーヒーのカスを吹っ飛ばすのに超便利とブロワの役目が一つ
増えたのである。

朝のコーヒータイムは二人しかいないのに3.5人分点てる。(目印をいれている)取り
分はわたしが1.3人分、女房が残りの2.2人分、ネスカフェとは違うといって本当かど
うかはわからないが褒めながら飲んでくれる。

コメントの投稿

非公開コメント