旅の最後は二条城で

151104二条城
今日の昼過ぎ、また瀬戸大橋を通って帰る日の午前中、娘たちが3年ほど前まで住ん
でいた四条油の小路からすぐ近くの幼稚園でバザーをやるということで孫たちはそこへ
招待されて行ってるあいだ、すぐ近くの二条城に女房と二人で行く。

女房は二条城が初めてらしく中を一巡してたまげていた。わたしは3回ほど来ていた
ので案内役をつとめる。狩野一派の絵と徳川慶喜が大政奉還を大名達を集めて発表
した大広間に感激していた。

この写真はちょうどこの奥の部屋が大政奉還を発表したところで、その外がこのように
なっている。二条城はとてつもなく広く、庭内はそのほとんどを松で構成されている。
いつ訪れてもまだ100余年前の歴史が共有出来るので、とても素晴らしいと思う。

これで京都の旅日記を終わりますが、長々とお付き合いいただきましてありがとうござ
いました。<終>

コメントの投稿

非公開コメント