歌手のコンサート

150908都はるみ新宿コマ・都はるみラストコンサート動画一場面

日本の演歌歌手が15周年とか30周年とかの記念コンサートをするのがいままでに
たくさんの人がおこなっているが、有名なのが美空ひばりさん、森昌子さん、石川
さゆりさん、島倉千代子さん、都はるみさん達が有名である。

わたしはこれらの全てのコンサートをDVDで見ている。この中で一番は誰かというと
人それぞれでいろいろ挙げられるが、わたしは1984年12月30日に新宿コマ劇場で
ラストコンサートを開いた都はるみさんを挙げる。真剣に歌うことに好感がもてる。
これより1週間ほど前にNHKホールでさよならコンサートをやったのはまったくサン
センであった。

「初恋の川」「ゆうがおの丘」「港町」「レモン月夜の散歩道」「ふるさとが泣いた」など
あまり人にはメジャーな楽曲ではないが、わたしには佳曲中の佳曲です。こんな歌を
聞くとつい一つ身を乗り出してしまいます。

あすの紅白で最後という前日に新宿コマで開いたものだが、3回ほど見たがまだ
見飽きない。体いっぱいに充実した歌を歌っている。彼女は歌っているときの足の
運びに特徴があり、片足で立って片足をくの字に曲げて歌う人はそうはいない。
最後はテープの乱舞だったがあれだけテープが飛んできても顔に当たらないのが
不思議だ。

投げる観客も上手なんだと思う。むかし鈴木ヤスシが「ジェニ・ジェニ」を歌っている
ときのテープの量と同じくらい飛び交っている。

コメントの投稿

非公開コメント