陸上競技がいい

名称未設定 1 のコピー
まもなく世界陸上も終わりになる。10日あまり変なテレビを見なくて済んでスッキリ
したのは有難かった。陸上は100m、200mもいいと思うが、わたしが好きなのは
1500mである。

800mも5000mもいまいちで好きになれない。なぜ1500mがいいのか理屈は
説明できないが、あの駆け引きが顕著に表れるのがいいのかもしれない。

’64の東京オリンピックは水泳(田中聡子)の背泳競技を見ただけ、惜しくも4位に
終わったが力泳に感動したものだ。またマラソンは入場券がいらないので、甲州
街道(国道20号線)へ見に行く。エチオピアのアベベ選手があっという間に前を
通りすぎていった。わたしが100mを全力疾走するのと変わらない速さだ。人間の
体の神秘を考えた。

そういえばアベベ選手はまえのローマオリンピックでは裸足で走って金メダルを
とった。東京でも裸足かと思ったら、白い靴を履いていた。おぉこれが当たり前よ。
それより入場券が手にはいらない人たちが沿道に集まった風景は圧巻だ。

わたしも東京では入場券がとれず、田舎でやっととってもらったのが水泳だった
のだ。別に水泳が好きなわけではなかったのだけどね。

コメントの投稿

非公開コメント