スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしいIXYデジカメ

150724IXY一号機
使っていない部屋を少し整理をしなさいと、一目おいている女房からのお達しがあり
一日かけてやっていたが、宝物が山ほど出てきた。

アマチュア無線の小型ハンディ機3台、とても高かったハンディICレコーダー2台、
チップをいれたら完全に使用出来る携帯電話、それから写真にもあるようにキヤノン
IXY<PC1001>が出てきた。イクシーの初代機である。厚さが3cm弱ある。まるで
サイコロみたい。15年前の画像が残っていた。

入れていた箱を中身を見ないで捨てたら、すべてがパーだった。まだ別棟のハウス
を整理しないといけないけど、わたしが担当しないとどんなお宝があるか計りしれ
ない。すべてが捨てられそう。工作道具とか、ザイル、ピッケル、背負子、カラビナ類
等の山の道具・・・ああやっぱり元気なうちに整理しないとどんな目にあうか恐ろしい。

ところでIXYだがバカチョンカメラの出初めだったころのもので、ファインダーがついて
いる。モニターは写したものを見るだけのもので、ファインダーの役目はしない。
5,6年使っていたが、人に写してもらうとき、これ見えませんがとよく云われたものだ。
そのたびにいままでのカメラと同じようにファインダーを覗いてくださいと云った。
撮像体もSDカードではなく、カメラの3分の1ほどもあるコンパクトフラッシュという
ものであった。電池も放電してしまい、充電しては豆球で放電させること4回、やっと
使えるようになった。しばらくはこれを愛用してみよう。

コメントの投稿

非公開コメント