懐かしいキャラメルメーカー

150607ココナッツキャンディ
ココナッツオイルときいてスーパーで手にとった。体脂肪を燃やすことで有名だ。
製造元を見てびっくりした。「カバヤ食品」とあるではないか。
むかし、わたしが小学生高学年くらいのとき、カバヤキャラメルという一箱に20個
くらいはいっている明治ミルクキャラメルみたいなのが発売されていた。

それにはおまけのシールがはいっており、4枚揃ったら一つの絵みたいなものに
なり、それを送ると、子供向けの小説が送られてきた。「岩見重太郎」とか「柳生
重兵衛」「塚原卜伝」とかの本で、小説を読んだのはこれが初めての経験だった。

全部で5,6冊くらいはもらったように思う。
それを鮮明に覚えており、ものすごく懐かしかった。同じ部位のカードばかりが
たくさん揃い肝心の一部位が揃うのにいくらキャラメルを買ったことか。
あのころ裕福ではなかったのに10円をどこから工面していたのだろうか。

むかしは土の中を耕していたら銅線の切っぱしが出てきたことが多々あり、また
屋根の瓦を結んでいる銅線を切ったりして(子供ながらにでも全部切ってしまうと
瓦がはずれるので最後の一マキのみを残していた。)屑鉄買いのおばさんに売
ったりして軍資金を貯めていたような気がする。

銅線は高く売れることをその時初めて知ったのであった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。
昔のお菓子は懐かしいですね。

何故か訪問者リストからブログが読めなくなってしまいました。
なので,勝手にリンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。

No title

はじめまして。
たわいのない書き込みを読んでいただけるのは光栄に
思っております。こちらこそよろしくお願いいたします。