砂時計422円

150526砂時計
先日14年使っていたオーブンレンジが漏電エラーが出て使えなくなった。
修理にナショナルから来てもらって持ち帰った後、もう年月が経ちすぎて、交換
部品がないので修理不能として帰ってきた。

今迄と同じ程度のオーブンを買うとなると200Vなので20万もするという。もうこれ
からは尻すぼみだからそんな高いものはいらないとの結論で100V仕様にしてもら
った。それでも7万もとられた。

そして本題にはいるが写真はいわゆる「砂時計」である。いままで14年間使って
いた砂時計はチャチなものだったが3分きちっとしたタイムアウトがとれた。
女房が云うには業者の人がオーブンを解体するときにクズとしていっしょに捨てら
れたのだろうとのこと。

仕方ないのでアマゾンで砂時計を買った。3分砂時計。でもキッチリ3分間ではない。
3分20秒くらいしないと落ち切らない。私としては大不満足。でも仕方ないか何しろ
422円だから。こんな値段なのにメール便ではなく送料無料の宅配便だった。

どうして砂時計がいるかというと、ロイヤルミルクティをたてるとき、茶葉とミルクと
砂糖をいれてひと煮炊きして湧いたら火力を切って3分間蒸らす必要があるのだ。
ここでその砂時計が活躍する。

よく考えてみたら3分間を知らせるタイマーが売っているような気がするが、女房は
この砂時計がいいらしい。14年も馴染んだものは捨て難いのは理解出来る。

ただ3分が20秒くらいオーバーしてもそんなに大差ないような気がするので女房には
黙っていようか。20秒の砂を上に残すのは面倒だと云いそうだ。

Post a comment

Private comment