戦死は無念!

150523自衛隊()

今日は久しぶりにバカなことを・・・・。
自衛隊は他国では戦闘はしない、おおいに結構なことだ。
憲法9条の改定、これもおおいに結構なこと。
但し、9条に国民を戦争には巻き込まないことを明記していただいたらの話。

有事の場合、まず自衛隊に戦ってもらいたい。しかし残念なことに自衛隊が
全滅したら次に国会議員が戦闘に参加してもらい、首相が戦死したらそこで
日本国は敗戦。敵国の言う通りの日本になりさがる。そうなって辛苦をなめ
ても決して国民の派兵はご免こうむりたい。

専門家の自衛隊が負けたのだ。がむしゃらに素人が出て行って何になる。
第二次大戦でよくわかったであろう。

また昭和20年から頑張って日本構築に励んでいったではないか。
昭和30年頃、もう戦後ではないと日本が豪語したではないか。戦争に負けたら
あの調子でまた一からやればいい。北海道は日本でなくなるかも知れないけど。

戦死は無念なことです。私の父は私が生まれたことだけを知って顔も見ないで
戦死してしまった。父がいればいろんなことを相談できたであろうと今でも残念で
しかたがない。相談したいと思ったことは3度はあった。母親ではダメだった。

コメントの投稿

非公開コメント