趣味は薪割り台を集めること

150304薪割り台
薪割り台は一家に一台で十分なのに、うちには3つも4つもある。いままでの
経験では、薪割り台の材質は桧より杉のほうが経年に強いことがわかった。

一番向うに見えている台は桧だがこの杉材と同じときにもらってきたものだ。
でも桧はもはや周囲が腐りかけている。中ほどに見える材はこれは桜材で
年末に立木を倒したときにもらってきた薪にする木である。

こんな台木をどこで調達するかといえば、国道沿い西条インターの入り口の
材木集積センターでもらうのだが、国道を通るたびにチラチラ見ながら通り
切れっぱしがあるか、あればすぐに事務所にいき「もらっていい?」と猫なで
声をだしてお伺いをたてる。

この杉材も事務所の人が持って帰ろうと切ってたものらしく、なかなか色よい
返事をくれなかった。そこはホレ缶コーヒーの5つも手にさげていくのよ。

薪割りの好きな人間っているのよね。実はわたしがそうなんだねー。
余分な話だが台の底を腐りにくくするには、クレオソートを塗って土ではなく
バラスを敷いてその上に乗せるのがベターです。

コメントの投稿

非公開コメント