核の最終処分場

150219伊方原発
核高廃棄物の処分に物議が沸々。
地中に埋めるか、いや地震などに備え状態が目にとどく地表がいいとか・・。

そんなことはどちらでもいい。
それよりこの高レベルの核廃棄物を封印する場所のことである。
どうも聞いていると原発から遠くはなれた山林なんかがいいとかバカげた
ことを平気でいう。自分ところのトイレの汚物をよその家の前に捨てようと
いうのと同じではないのかえ。

わたしが発案する。核のゴミは原子力発電所を作ったその地下に作るのが
正解であろう。国も住民も諸手を挙げて賛成した原発が完成したなら、その
県のその場所に処分場をつくるのが原発とセット商品でよいであろう。

わたしは前にも書いたが原発は反対ではない。でもいざ自分の住んでる
ところに作られるのなら反対はしないが、事故がおきても責任を他人には
転嫁はしない。それが自己責任というものだろう。その不幸を抱えて死んで
いけばいい。

原子力をもてあそぶのは広島と長崎のあとすぐに封印すればよかった。
それを実践出来る大物がアメリカにいなかったのが残念なことであろう。

コメントの投稿

非公開コメント