懐かしい花を見た

150130オオゴチョウ
むかし、ハワイへ娘の結婚式で、死んだつもりで飛行機にのって人には言えぬ
苦労をしましたが、そのときホテルの前の公園に咲いていた大胡蝶の花。

初めて見る花で風にゆらゆらする様をみると、いかにも南国情緒いっぱいで
きれいと思ってしばらく眺めていると、花の種がちょうど「さやえんどう」みたいな
形で落ちていたり、茎にくっついたりしていたのをたくさん拾った。

種とか根とかの植物は海外へ持って出るのは禁止らしいのは知らないわけでは
なかったが、歩いていると知らぬまに胸のポケットに入っていたとそのときの為に
言い訳を考えてたくさん日本へ持って帰った。

思うにわたしは悪いことばかりをいつも実行している人生のような気がしているが
たいして気がひけることはないし、スリルみたいな感じでゾクゾクするからいい。

3年くらいは種から花が咲くまで苦労しながら育てていたが、いつのまにか自然
消滅みたいになって消えていった。ハワイではしゃれた名前がついていたが、
忘れてしまった。本当の名は「大胡蝶・オオゴチョウ」というらしい。寒さに弱い。

コメントの投稿

非公開コメント