花田さんをしのぶ

花田さんをしのぶ

今朝がた薄っすらと雪景色になったと今朝ブログに書いたが、その景色を
撮影していたころ、知り合いの花田さんが交通事故にあって帰らぬ人となった。

20年以上お付き合いをさせてもらっていましたが、お客様の支度をしながら
わたしに泣きながら「花田さんが死んだ」とわたしに告げました。えっッといい
つぎの言葉がでてこなかった。歩道を歩いていて雪道にスピンした車にぶつけ
られた交通事故でした。

女房は人生のすべてにおいて教えを乞える尊敬出来る方だと毎々云っていた。
写真は14年まえスタジオプロヴァンスのパンフレットに載せる写真を気軽に
OKしてくださって作ったのでした。(写真の真ん中で指をさしてる方です。)

つい一週間前にうちへお呼びして、映画鑑賞会を開いて「初蕾」を見ながら
泣いたり笑ったりしたところだったのです。

わたしよりかなり年上だったのにわたしを「おとうさん、おとうさん」と呼んで
いました。そう呼ばれても何の抵抗もない自然体だったのです。
惜しい人を亡くしました。謹んでご冥福をお祈りいたします。 さよなら。

Post a comment

Private comment