恐ろしく長持ち

150109アルコール
カメラのレンズとかその筺体などを拭くために薬局でエチルエーテルを買って
いたが、この瓶は昭和56年8月に買ったものである。
息子が生まれてちょうど1歳の誕生月に買っている計算になる。

ざっと計算して35年くらい経っている事になる。まだ四分の一くらい残って
いるが、いまだに使っている。

エチルエーテルはエチルアルコールと同じものと考えているが、アルコールと
いえば揮発性の高いものという認識がある。
なのに揮発しないでこんなにも長く残っているのが不思議である。

またいま薬局で売っているアルコール類はこんな昔の瓶ではなくポリの容器に
入っている。時代を感じる一品であろう。

コメントの投稿

非公開コメント