かりん酒

150116かりん酒漬け
いままで年を越してかりん酒を作ったことは一度もなかった。去年10月くらい
からスーパーを巡ってかりんを求めたが、どこのスーパーでもお目にかかること
は無かった。

一昨年作らなかったからこれを外せば2年のブランクができる。何とかせねばと
考えていたところ、むかし大丸へ勤めておられた方の庭にものすごい数のかりん
の木が植えてあって1本もらって帰って植えた記憶を思い出す。

かりんの木は1本では実をつけないのか、植えて5年経っても実がならなくて、
4mくらいに伸びてしまったので切ってしまった。

電話をしたら、もう大きいのは無くなったけど小さいのなら少しはあると20個ほ
どくれた。その方とはもう15年も逢っていなかったので、だいぶお年をめされて
いると思っていたけどお若いのにびっくりした。

ついつい懐かしくて玄関先で30分くらい話し込んでしまった。
わたしが業者として大丸で商品撮影に携わっていて、彼女は広告のデザインを
されていた。その頃は30歳を少し過ぎたくらいのバリバリの美しい人であった。

さてこのかりんも今年の暮れくらいにはかりん酒としてのどの薬になっている
だろう。お礼にひと瓶もっていかなくては。否かりんが山ほどあるお宅である、
そんなことをしたら笑われるか。

例によって漬けた日付とマタタビとかアロエとかの名前が見える。几帳面である。

コメントの投稿

非公開コメント