筆王とストリートビュー

ストリートビュー
15年ぶりに「筆王」アプリを買った。
むかしは住所だけを年賀状に印刷するのが目的であったが、いまの筆王は
個人情報に入り込んだように住所を打ち込んでいる知り合いをクリックして
地図をクリックすると、何と家の前がストリートビューで映し出される。

住所がわかればその人のおうちが瞬時のうちに映し出されるのは困ったものだ。
写真のストリートビューはわたしのうちが写っている大通りから見た写真であるが
少し遠目から右側に見えるオレンジ色の屋根のうちですが、実際に住所をうつと
家のまえの門扉のところが出てくる。

これが映し出されると門扉の中で庭をうろうろしている女房が正面で見えるのだ。
まったく困ったものである。
しかし家を訪ねるときはこれほど便利なものはないと思う。地図と実際の家の姿が
見えるから一目瞭然である。

便利な世の中というか、不可解な世の中になったものである。

コメントの投稿

非公開コメント