本が1円

1410161円書籍
アマゾンでの出来事。
ある人のブログを見ていて、そこに載っていた書籍に興味を持ちアマゾンで購入しようと
その書籍をだすと定価税抜き1,200円とあった。
素直にそれをそのままクリックすると1,200円+消費税+送料とある。
おおよそ1,500円の出費となるが、そこに小さく新品1円からとあったので何だろうと
クリックすると1,200円の本が1円で何社かが提示していた。

信用できなかったが、そのうちの1社で購入する。
2日後書籍は届いたが、送料が書籍の257倍ではあるが間違いなくそれ以外のお金の
追い足しはなかった。書籍のタイトルはその人の名誉に関わるから書かないこととする。

どうしてこんな仕組みがあるのだろうか。その会社にはなんの利益があるというのだろう。
不思議な仕組みがあるものだ。
フェイスブックの仕組みも今ひとつわからない。名前はハンドルネームは絶対だめ、本名
を名乗るのが常識といいながら、内容が普通の人には見えないような仕組みがあるとの
こと。何なんそれッ!という感じ。わたしからいわせればバカげた話。

仕組みのわからぬことがインターネットにはいっぱいあるなあと思いながら、その話から
逃れようとしないわたしもいる。

コメントの投稿

非公開コメント