ツタンカーメンの呪い

140924ツタンカーメン
このあいだどこかのテレビ局でツタンカーメンの呪いをやっていた。
なんかこの像を見ただけで呪われるんではないかと錯覚を覚えた。

ツタンカーメンの金像はこの写真では金と緑青が吹いたように見えるが
わたしが実物を見たのは確か東京オリンピックの翌年だったように思うが
磨きに磨き上げており、まったくの金ピカですごい稲光でした。

場所は東京上野博物館だった。西郷隆盛の像をみてどっしりしてるなあと
思ったあとだったので、何と小さい像だろうとその迫力な無さにビックリした
記憶がよみがえる。天地が60cmくらいしかなかった。
12,3歳の子供の物のように思えた。実際もそうだったのだろう・・・。

あれ以来ツタンカーメン展が日本で何回か開催されたように思うが実物が
来日したとは聞かない。あの時、目の前で見れたことに感謝する。

あれ以来半世紀が過ぎたし、30cmの所に顔を近づけてじっと見たけど
呪わないでほしい。

コメントの投稿

非公開コメント