スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タネあかし

140916アラスカ魂
「予餞会」の真実。
過日の予餞会の話は、さもわたしがメインヴォーカルを担当したように書かれていたか、
読む人が勝手にそう感じたか、定かではありませんが・・。

メインヴォーカルを担当したヤサ男は引き入れた3人のなかの一人でした。この男は英語も
堪能で歌もうまい男でした。
そこでわたしが担当したところは、最初と中ほどと最後に出てくる低音の‘Way up north’と
何と云っているのだとわからないまま‘Rush’で行こうと決まった連続して出てくる掛け声と
バックで声をそろえて歌っているパートしか声をだしておりませんでした。

最後にフェードアウトしていく歌声は、だんだんと1本のマイクロフォンから離れながら声が
消えていく手法をとりました。これが受けた原因です。

タネを明かせばこんなことでした。黙っておれば、わたしがメインヴォーカルとして幕を引きた
かったのですが、良心がとがめました。

コメントの投稿

非公開コメント