銀塩カメラ全部とハスキー三脚との交換

08ハスキー三脚02
銀塩カメラ一式を売った値段が4万円、ハスキー三脚の中古が4万円。 なんのこっちゃ!
ハンドル部分が壊れて使い物にならなくなってしまった。もう一つのハンドルもバカねじに
なってしまっていたが、だましだまし使っていたけど今度のハンドルの故障は致命的で
どうにもならない。

もう5,6年もってくれればよかったのに高い買物になった。
わたしの仕事上、カメラのファイダーの下に長い柄のハンドルがあるのが邪魔になって
胸に当たるので今度の新しい三脚には、長い柄のハンドルはほとんどつけていない。
古いほうのネジ棒をとってパン、チルト、エレベータの3箇所はすべて短棒に交換している。

また出演者の名簿(プログラム)を吊るすハンガー(緑色の線)、それに撮影するピンルーム
は真っ暗にしないといけないので、プログラムが見えるように三脚の1脚に5Wくらいの
ほのかに明るいライトをソケットを差し込めば灯がつくように工作してある。

中古の三脚は、いままで30年余り使っていた私の愛用のものにくらべて新品みたいに
新しいのにはびっくりした。

コメントの投稿

非公開コメント