愛用のショルダー

03愛用のショルダー
自転車に乗るとき、いつもラジオかCDを聴いている。
このショルダーが手にはいるまではmp3に縮小された音楽をmp3ウォークマンで聞いていたが
曲が限られるのでCDウォークマンを所持できないかと、考えた末がこのショルダーだった。
CDウォークマン本体をいれると殆ど一杯になり、あとは財布とかハンカチくらいしか入らない。
あと飴玉とロキソニン、小袋入り重曹を入れている。何なんそれって・・。

自分の好きな楽曲をCDに複写して4,5枚を別にストックしてショルダーにいれている。
自分の好きな音楽が流れると、自転車でどこまででも走ることが出来る。
散歩のお陰で足の疲労はないけどお尻が痛いのはまだ慣れていない。1時間が限度かなあ。

ラジオを聴いていると散歩もはかどり、4kmくらいはすぐに終わる。毎朝4kmを目標に歩いて
いるがこれが自転車にのってもしんどい坂道が難なくあがってこれる自信につながる。
たいした実力がついたものである。

手前に黒いゴムがくっついているは、自転車に乗って肩通しでかけた場合ショルダーがお腹に
垂れてくるのを防ぐためにベルトにひっかけて背中のほうで固定するためのものである。

わたしだけの細工物だと思っていたのに、自転車乗りの友達が同じことをしていた。おまけに
このヒモの長さをかえられるようにしていたのには脱帽だ。

コメントの投稿

非公開コメント