携帯ラジオ

119携帯ラジオ
携帯ラジオだが、もうトランジスターラジオとはいわない。トランジスターは使われていない。
ICチップラジオとでもいうのか。お陰で電池の寿命が大変伸びてきたのは嬉しいかぎりだ。
単4電池を1個いれておけば毎日2時間くらい聞いていても、半月以上電池はもつのである。

イヤホン1個のものは4年ほど前に買ったものだが、イヤホンとスピーカの切り替え箇所が
故障したので、直すのと買うのとそんなに違わないことがわかったが、しかし同じものを買う
のもシャクなのでステレオ用のイヤホン2個仕様を買った。

本題はここからで、1個のものもほうっておいたら自然になおって使えるようになってしまった。
夏の1ヶ月はステレオ用、あとは単耳用を使っている。ステレオ用はFMの音楽を聴くときは
このうえないのだが、外部の音が聞こえなくなる不都合がある。
しかしここでこの不都合が利点に変わる季節があるのである。それは夏のセミが鳴く時期だ。
単耳だとセミの鳴き声でラジオが聞こえない。ボリュームを上げると耳に悪い。

そこでこのステレオ用が真価を発揮してくれるのだ。うるさいセミの鳴き声を完全にカットして
くれてNHKの女性アナの声が早朝の脳に軽やかに聞こえる。
やはり女性のアナウンサーはNHKが最高だ。しかしニュースを読む男性アナは原稿のパサ
パサ音をわざとさせるので最悪だが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント