西条高校応援にまた行く

117西条高校
もうとっくに梅雨が明けているのに一向に発表しない臆病な気象庁。

息子たち家族とまたまた高校野球夏の大会を見にぼっちゃん球場まで足を運ぶ。
11時半試合開始、日の当たるところは若者の居場所、銀屋根のしたには中高年が
ほう被りをして試合を見物。

息子が云うには自分がいたときよりはるかに打撃の質が上回っているし、守備もセンス
がいいと褒めていた。

この子たちのスクールバッグは15年前とまったく変わっていない。懐かしい姿だ。
あのころ体育系の男子にはちょっと合わないスクールバッグだと思っていたが、女子は
かわいいと思う。応援の諸君やチアガールも学校全員がこのバッグを肩にかけていた。

卒業したかわいい女の子が大学も休みになったせいか、黄色い声援をおくっていた。

日のあたるところに2時間もいたら熱射病みたいに体がほてってじっとしておれない。
今夜は爆発だ。

コメントの投稿

非公開コメント