取り木

103フォレストパンジー
この植物の名は「フォレスト・パンジー」という。
この木は愛媛県の園芸店ではどこも見たことが無い。不思議なことに香川県へ
行くとたくさん見ることが出来る。それも普通の園芸店では香川でも見ないが
植木製造元へいくとたくさんある。春に市主催の園芸まつりみたいなところに
出向くと見ることが出来る。

うちの木も5年ほど前に1mくらいの若木を買って帰ったがもう3mをゆうに超えて
いる。挿し木で増やそうと思って毎年挑戦するが、挿し木が出来ない。
そこで今年は取り木をしてみることにした。

オオヤマレンゲを取り木した実績があるのでそれと同じように1.5cmくらいを
幹の皮を剥きそこにミズゴケを水に濡らしてから巻いてラップをかけて結ぶ。
これで秋口までそのままにしておくと根が出たのがラップをとおして見える。

このフォレスト・パンジーは春先に棒状の幹にピンクの花がいっぱい咲いてから
写真下のように赤黒い葉っぱが出てくる。これがこの木の特徴で、秋になると
深緑の葉にかわっていく。

コメントの投稿

非公開コメント