冬のぬくもり

83焚き火のぬくもり
冬になると、自分でこさえたレンガ炉で、よく焚き火をする。
端からみればなんと芸のない、もっと前向きに人生をとらえられないのかと
お叱りを受けそうだ。暇なもんだね、何かすることがないのかねと・・・。

自分でこさえた腰掛に座って火の番をしている。
と思いキャ、この上ではさつまいもをダッジオーブンにいれて石ヤキイモを
作っている。ただの芋ではない。安納芋だ。
わたしは栗やヤキイモ(硬いこうのふいたもの)かぼちゃは大嫌いである。
かぼちゃでも柔らかい種類は好きよ。

安納芋はべちゃべちゃして実においしい。

コメントの投稿

非公開コメント