スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願の皇居内へ

50宮内庁

皇居見学の全国応募に当選して、女房がこの暮に皇居に行って来た。
この場所は天皇陛下のお立ち台の広場である。足元は石畳か、流石である。
孫たち二人はなんのことやらわからずはしゃいでいる。
説明の一句も聞き逃すまいと一番前を陣取っているいるのは見たことがある顔。

皇后陛下の大ファンで、テレビは天皇ご一家という番組は絶対見逃さない。
一年前葉山の御用邸にまで行って、中を見ることも出来ず看守にいろいろ聞くこと
約30分、いい加減にしてもらいたい気持ち。
でも、これで女房もこの一年いい年であったろうと思う。佳き日を来年まで。

わたしは中学2年生のとき戦争遺族の代表で皇居内を見学することが出来た。
全国から同じ中学生が50人くらい来ていたようだった。県で一人、なんでわたしが
と思う。親父は陸軍二等兵で死んで二階級特進で伍長と墓石には彫ってあるだけ
なのに・・。
そしてこのように皇居内を見学でき、九段会館で2泊して靖国神社にも参拝出来た。
皇居内に鉄工所があったのをはっきりと覚えている。ものすごく不思議に思った
ことを鮮明に覚えている。

コメントの投稿

非公開コメント