スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密保持法

15歳から20歳くらいの女の姿が世の中から消えた。
この女たちが4,5人揃って声を発したら、どれもこれもが48集合体の声と
同じだと自分達の特色がないいう判決である。

15歳から20歳くらいの男の姿がこの世から消えた。
鼻にサルカンを通したり、女みたいな声でモノをいう、それにへこだすげな服装で
テレビに映るのが小学生たちに示しがつかないという判決。

関西系の漫才師が10分喋っても、おもしろくもおかしくもなく一回も笑うことが
ないのに、40人くらいの観客を小さな部屋に座らせて、局のディレクターが、
なにか云ったら笑ってくださいと笑いを強制されてそれに従ったという罪状。
漫才師の怠慢はテレビを腐敗させたと10年の懲役。

いずれもが秘密保持法違反で懲役8年~10年をくらって、20歳前後の若者達が
誰にも秘密にされ世の中から消えていった。

コメントの投稿

非公開コメント