メロディーライン

愛媛の西北に佐田岬半島があり、そこを通る国道が197(むかしはこの道路は難所で行くなと
云われていた。)号であり、何度も通っているがきょう初めて経験したことがある。

いつからかこの国道はメロディーラインといわれるようになっていたのだが、その意味は
北に伊予灘、南に宇和海を望み、その両海をみながら鼻歌でもうたいながらツーリングを
楽しむところから来たかと思っていた。

きょう初めてその真意がわかったのだ。みなさんは知ってた人もいたでしょうがわたしは初めて。
ああこんなことでメロディーラインというんかと納得した。
車を普通にはしらせると外で音楽がきこえるのだ。
「♫みかんの花が咲いている~」と音楽がきこえるのだ。カーミュージックなどきいてると
わかりづらいかもしれないが、たしかに道路とタイヤの間から聞こえてくるのだ。

よくみると道路に横筋がいっぱいあり、伸ばすところは横筋が長くある。
なんとなく理屈はわかる。音程の高低は筋の角度で変えているのではないかと思う。
なにしろ日本全国を車で走った経験はあるが、こんな道路は初めてだ。

コメントの投稿

非公開コメント