嵯峨流の支所で拝借!

48ヘリクリサムペチオラレ

3年余り前、京都へ行ったとき大覚寺を散策しようと駐車場へ車を止めて
大覚寺の本堂へ入る左側に京都嵯峨流の華道の学校みたいなのがあった。
その横を歩いていると、石垣の上にこの「ヘリクリサム・ペチオラレ」という
とんでもない変な名前のついた(家にかえって草花のサイトで教えてくれた)
草花を挿し木用に3本ほど切って黙って頂いてきたものが、こんなに大きく
育っている。

何回かうちでも挿し木をして増やしていったが、冬に弱く順調に伸びることは
なかった。いま唯一残っている原木だが春には黄色の花が咲く。しかしこの
草花は白い産毛の生えた葉が特徴だと思う。

このあいだ京都へ行ったとき大覚寺を訪ねてみたが、嵯峨流会館にはもうその
草花は跡形もなかった。やはり冬を越すことが大変かもしれない。

来年の春にはまた挿し木をしておこう。花泥棒は本当は犯罪ですね。

コメントの投稿

非公開コメント