ひろめ市場

26ひろめ市場

順序がテレコになったが、本当は仁淀川の次は地理的にいっても日曜市が先。
ここも数え切れないほどの回数訪れたが、もういまはあまり買うものがない。
例によって刃物の売り場は一応綿密なチェックをいれたのはいうまでもない。

ここで足の爪を切るヤットコみたいな爪きりを1800円で求めた。600円の
椿オイルも買った。というよりミシン油みたいな潤滑油である。
そして唯一生鮮食品らしきものは、ネギの苗が一束200円だが「にいちゃん
3束こうてくれたら500円にしちゅーきィ」の言葉に乗せられて、3束も必要ない
のに買ってしまったことが本日の汚点。

植えるのは横長のプランター。200円分のネギを3箇所に植えてまだ余りあるくらい
の量がある。二人しかいない家族ではこれだけあれば余るのに・・。
途中で女房とはぐれて案内書みたいなところで一人ぽつんと待ってたが、20分もして
帰ってきて、「あらここにおったん、まあこのネギの束どしたん」だって。

女房はいままで携帯電話を持ったことがない。いままで何回も電話いらんのかと聞いた
けどそのたびに必要ないといって持たなかった。
こういうときに持ってれば電話ひとつでどこにいるかすぐにわかるのに・・。

へらのことばかり書いて肝心のひろめ市場のことを書いていない。へらがわからん?
4,5年ぶりで入ったが、相変わらずごったがえしている。
むかしは食べるところだけで服とか靴とかは売っていなかったと思うのに、えらく洋服
売り場が増えていた。
でもボクちゃんはこんなゴタゴタしたところでは食事はしたくない。なんかゴミが舞い
上がっていそうで、不衛生である。でも友だち同士だったら食べれるかも。みんな楽し
そうではないか。

コメントの投稿

非公開コメント