京都へ

14京都幸田家

京都市内から洛東山科へ引っ越して、初めて尋ねて行った。女房は引越しのとき1週間くら
い手伝いに行ってたので事情はよくわかっていたが、わたしは初めてで思わぬ広い部屋割り
にびっくりした。10畳2部屋、8畳2部屋である。贅沢過ぎるような感じ。
庭にはちゃんと一台駐車できる車庫のスペースがあるでなないか。

例の氷屋の自転車みたいなのが1台、パパと子供の自転車が1台ずつ用意されていた。

大石良雄がいたころにくらべたら山科もにぎやかな都会になっている。京都市内とは東山
三十六峰をへだてているが、ここから南禅寺までは車で5分しかかからない距離にある。

だんだんと親元へ近づいている。いい傾向だ。親元との距離は500mもない。
2日にわたって朝散歩していたら別々にご両親に会った。それほど近いのである。安心。


コメントの投稿

非公開コメント