NHKに物申す

今日は高校野球の済美vs美恵子の試合を最期までみた。
NHKの放映に物申す。
BSOの表示はもう慣れてはきたが、やはりあの表示はSBOが順ではないか。
なんのこっちゃと云う人に解説。ストライク・ボール・アウトの表示です。
いや世界に準ずるとのことはわかるからこのことをどうこうはいわない。

それを表示する時間なのです。ストライクあるいはボールとコールがあって2秒で
テレビ画面に出すのは遅い。1秒以内にスイッチを押すプロのスイッチマンを養成
してほしい。見てて2秒かかるとイライラするのはわたしだけではないはず。

次にそのイニングが終わってすぐに得点ボードが写り出されるが、その時その下に
今日の試合の勝ち負けが表示されているはずなのだが、「置き引きやスリ~」とか
「ファールボールには気を~」とかが表示されて今日の勝敗が消されている。
これは甲子園とNHKの問題だから、打ち合わせをしっかりして、イニングが終わ
ったら10秒は消さないようにして。でないとテレビを見てる人には置き引き
がどうのなんかはまったく関係ないのだ。

それから上甲監督は少し年をとったような顔をしていたが、昨晩床屋にいったのか。
ダックアウトの端っこのほうで、斜にかまえて半分口をひらいたような顔をして
選手を見てる姿は最高にいい。まるで鍬がよく似合う田舎のお百姓さんのようだ。

安楽くんを写す暇があったら、もっともっと上甲監督を写してほしい。好きです。
鍬を持つとき、両手にツバをつけて手をもむのは百姓の仕草だ。あれも好きです。

息子が高校球児のころ、まだ上甲監督は宇和島東の監督をされていたが西条球場で
話す機会があったが、もの静かでなにか心の中に寂があるように思えたが1m80
を超える少し猫背の魅力ある男に写った。
ちょうどそのころ奥さんを亡くされたころだったようにも思える。

あの土臭いなかの一言が選手を魔法の少年に変える素晴らしい名監督だと賞賛する。

あれ?いつの間にNHKへの苦情はどこへいったのだ。



コメントの投稿

非公開コメント