スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折込広告

折込広告
昭和の時代から新聞に入る折込広告の氾濫には閉口する。
わたしが閉口するだけで、他人は大喜びかもしれない。折込が不要と言えば300円くらい
安くなるだろうか。
余談で申し訳ないが関東では折込といい、関西はチラシという。

朝、新聞がきたときまずやることは記事を読むことではなく、折込の分別である。
排除するもの①住宅関係②呉服・洋服店関係③自動車関係④スーパー関係⑤食べもの屋関係
⑥パチンコ関係
必ず残すもの①家電器関係②ダイキ・コメリ③ユニクロ④植物関係
スーパー関係を捨てても女房はなんとも不平はない。もう1円が安いからあっちこっち走る
のは年齢的に卒業である。買う食品も少なすぎる。

コメントの投稿

非公開コメント