消費税10%は延期すること間違いなし

160228国会中継
党内でも消費税2%の増税はいまやるべきではないと声が高いが、総理はいやいや
来年4月には必ず10%に増税しますときっぱりと言い切る。
しかしこれは安倍総理の奥の手でありまして、必ず今年の夏くらいまでには、いま増税
すると景気が後退するのは自明の理でありますので、当分のあいだ消費税の値上げは
先送りしますと、真逆のことをきっぱりと言い切ります。

そして世論に負けたと優しい総理を演じて、国民に弱い者にお慈悲をと訴える。乗らな
きゃあいいのに国民は浪花節には弱い生き物でしかない。そして投票する。

先送りは100%間違いないとわたしは推理します。きのうあたり早くも伏線を敷きだした
みたいですね。誰にもわかるこの総理の目論見です。わかりやすい総理大臣。

脳のリハビリ

160219マージャン
趣味はいろいろあるが、マージャンもそのひとつ。
20歳ころから始めたように思うが、東京では4人打ちしか認めておらず、3人マージャン
なんて本物人のする遊びではないと、東京人は豪語していた。

こちらに帰ってからは、ずっと3人打ちに徹していたが、ここ5,6年はあるメンバーたちと
知り合い、女性も3人ほどいるため4人打ちが正当との主張で3人ルールはやめた。
4人打ちに慣れると、これのほうが理にかなったマージャンだと思える。

女性とはいえあなどることなかれで痛い目に合されて、山田橋のたもとで涙しながら帰路
につくこと度々あり。

6時間以上はしないとの協約で午前様になることはない。老後のリハビリといいながらも
つい本気になってむきにむいて立ち向かい、つい山田橋を思い出す。

指や脳の鍛錬にはもってこいのゲームではなかろうかと、自分をうまくなだめている。

ふるさと納税のお礼品

160224足ゆたんぽ
ある日、佐賀県からふるさと納税のお礼として写真のような湯たんぽ靴が送られてきた。
身に覚えのないことなので、夫婦で困り顔になっていたがこれは京都の娘の仕業かも
知れないと電話してみると案の定その通りだった。

大学時代の友達の郷里が佐賀県ということで納税をしたらしい。山科の実家とうちとに
2件納税をしてそれぞれに送られたらしい。

歩くたびにぼちゃぼちゃいうし重いし、こんなの一日で履かなくなるだろと思っていたが
あにはからんやもう3か月も続いている。午後仕事をおえた女房が日差しの当たる窓際
で椅子に座って本を読んでる姿をよく見るが、この寒い日でも暖房もしないでこのゆたん
ぽ靴を履いている。

一日2回くらい(多いときは3回くらい)お湯をいれているのを見る。っぼちゃぼちゃという
音で女房の居場所がすぐわかる。重石を付けて歩いているほど重いと思うが、暖かさの
ことを考えると重いことは微々たることのようだ。それに運動と思っているかもしれない。

ものすごい遊び道具

160220トランプ
物を大事にすることは良いことだとおもうけど、このあいだ孫とトランプをしている女房が
いたが、そのトランプがこの写真のもの。

孫も「ばあちゃん、もう少しきれいなトランプはないの?」といわないのだろうか。3人とも
機嫌よく7ならべなどに興じている。これはわたしが100円均で買ってきたように思うが、
いつまで使うのだろうか。

昔からうちの伝統遊び道具にボールがある。息子たちが3歳ころから使っており、孫まで
同じものを使っている。サッカーボールによく使うが、家の中で投げ合いをしてもあまり傷
がつかないので重宝している。このボールは女房が考案したものだ。

新聞紙を丸めて顔くらいの大きさにしてその表面をクラフトテープで巻いたボール。それ
で家の廊下などで孫たちはあそんでいる。孫たちは家に帰ったら近代的な遊具が蔓延
しているだろうから、こんなのがもの珍しいのだろうか。決して文句はいわない。

本当を見抜く、力不足

160219花粉症YOU TUBEより拝借
昔、息子が高校球児のころ家から学校まで15kmくらいの距離を自転車通学していた。
野球をするには足腰が丈夫でないといい投手にはなれないと、親の独断で決めていた。

しかしいくら性悪親でも雨の日はつらかろうと車に乗せて連れて行っていた。そのころは
15kmの距離は自転車ならなんでもない距離だと思っていたが、わたしが自転車に乗る
ようになって、その道を往復してみて息子は3年間よく辛抱したなと心で褒めてやった。
行きはよいが帰りが坂道の連続だ。

いやいや今日の話はこれではない。息子を連れて行く国道を、向うからくる軽四の若い
女の子が鼻のなかにティシュを詰め込んでハンドルを握っているのを2,3回目撃した。
その頃はこの子は精力旺盛で、有り余る力が鼻血となって出るんだろうなと思っていた。

しかし本当はこれだったんだなと20年近く経って理解が出来た。ああまだまだ自分が小
さいと反省する。

小僧

150902像 のコピー
庭の所々に立ち像をおいていますが、②のほうが20年ほど好きだと思っていました。
が、しかしここ1,2年①の像のほうが好きになっていました。

写真ではあまり違いがわかりずらいのですが、①のほうが原始的な作りになっており
ボロボロした雰囲気です。②の像は近代的にスッキリした作りです。

女房は初めから①のほうが好きだったのか玄関に近いところに設置して欲しいと頼ま
れました。こんなものを見る目は女房のほうが上のような気がします。

バカな宣伝は辞めないと

160214マツダCM
為替相場が100円を超えたころから、やたらと自動車会社のテレビCMが流れるよう
になってきた。

これは山岳道路で一方通行とは決して思えないところを、80km/h以上のスピードで
走り抜けるという、もっとも危険なことを平気でやっている。この道路は2車線ではなく
下からくるまが上がってきて鉢合わせになったらどうするのだろう。公道だということを
意識しなければ・・。

50年ほど前の自動車産業のCMを復活させて平気な顔をしている。電通等の広告会
社がかっこいいと思って作っているのだろうけど、そのチェックは自動車会社のトップ
がやらなくてはならない。

いまのユーザーは早く走るのがかっこいいなどとは決して思わない。より安全な車で
あってもらいたいと思っているはずだ。ルマン24時間耐久レースなんかにうつつを抜
かしたのはもう過去の栄光、バカな騒ぎだったのだ。

いくら円安になったからといって浮かれてはいけないと思う。企業のモラルが疑われ
ますよ。

凝りもせず

160211フキノトウ
食べ過ぎて気分が悪くなった舌の根もかわかぬあいだに、またフキノトウを採りに
行っている。自宅から車で45分、四国山地を貫く一直線のトンネルで有名な寒風
山トンネル(長さ5432m)を出るとそこはもう高知県。

愛媛県では見られないが高知県の林道は、このように500m単位で立て看板が
設置されており、何かと便利。

運動を兼ねて2kmを上り道端のフキノトウを収穫する。上りは右側を下りも右側
を採りながら歩く。本当は4kmまであるが、もうこの辺までくると、袋が一杯になり
引き返そうと思うから不思議。

この林道のフキノトウはガラス細工みたいな繊細なものが多い。男ならえいっとむし
り採るが、女性はまあ採るのがもったいないと、きっと思うに違いない。

今夜は女房が作った天ぷらだった。あっそうか、フキノトウだけの天ぷらを20個も
もったいないと思って食べた男やもめの料理でなく、ちゃんと他の野菜も天ぷらに
して食べるのが普通なんだと、失敗してやっと気が付いた。

5個だけ添えられていた。

いつ見ても高田引越センターのCMは面白い


これは愛媛県にしか流れていないCMだと思うけど、見たことないかたは一目惚れして。
この会社はいつも面白いCMを考える。
とても楽しくしてくれる。


どけよ、お前が邪魔なんだよお。

ミサイルと誕生日

160207パック3写真は借り物

ときどき迎撃ミサイル「パック3」が日本の方々に配置されて迎撃に備えているというが
わたしには滑稽に思えて仕方がない。

このパック3はどれほどの性能があるのかまったく知らないが、日本の領海内を通過中
落下物が頭にあたり大けがをしたと通報があり、それから迎撃ミサイルを打ったとしても
そのときにはすでに何万キロも遥か彼方に行ってしまったロケットを追撃出来るのだろう
か。普通凡人が考えればそのロケットに追いつけるはずがないではないか。

だからこのパック3を持ち出すことは茶番と云える。あるいは一種のデモンストレーション
のみで本当に撃ち落とす覚悟を持ち合わせてはいないのではなかろうか。失礼したのう総理。
×
×
×
先代の将軍様の誕生日がうちの息子の嫁の誕生日と同じ日で大変喜んでおりましたが、
代が変わりいまの将軍様になっての誕生日がうちの娘の婿と同じ日になった。また喜ば
なくてはならないが、どうしてこうも、いい巡りあわせになるのだろう。

喜んでも喜びきれない。   何の因果か・・😢

DVD・コレクション

150829所蔵DVD
ここ15年くらいのあいだに自分の好きな映画のコレクションは邦画150本、洋画50本、
鬼平犯科帳70本、剣客商売35本くらいをストックしている。

洋画はアカデミー賞をとったのをバイブルみたいに思っている人がいるが、とんでもない
勘違いをしている。本当にいい映画とはいえない。・・・・・とわたしは思う。

わたしはジョディ・フォスターが大好きである。「羊たちの沈黙」は犯人を追いつめた暗闇
の中での緊迫感は圧巻だ。タクシードライバーから始まって数多くのジョディ・フォスター
をみてきたが、「ジャック・サマースビー」が一番、二番は「フライト・プラン」か。これももう
5回は見たかな。好きな女だからどれでも最高だ。

洋画の50本は超一流だけを集めているので濃密度だが、邦画は150本のうち超一流
はやはり50本くらいに落ち着くような気がする。

最近の映画は二流品ばかりで面白くないから、もう映画の収集もやめにした。

Photoshopの成せる技

フォトショップの成せる技
このあいだの日曜日、ピアノ発表会での出来事。楽譜を見ながらの演奏も多々あるが
この一枚には参った。

楽譜が大きすぎてソロ演奏なら支障もないが、連弾となると第二の子はまったく顔が
隠れてしまう。いままでもこんな状況はあったが、演奏しているあいだに体が動いて
顔が見える瞬間がある。そこを狙うのだが、今回はまったく動かずカメラマン泣かせの
連弾だった。

仕方なく最後に演奏が終わって(すでに第一の子は椅子から立ち上がろうとしている)
体を起こしたところを一枚おさえておいた。これが功を奏して2枚の写真を一枚に合成
したものが下の写真である。

右胸のあたりはまったく画像がないので作画した。結果、あまり違和感もなく成功した
一例であろう。さすがアプリケーションソフト・Photoshopの成せる技だ。

                      いつも拍手を有難うございます。

フキノトウは沢山食べるものではない

160130林道
また浦山へフキノトウを採りに行ってみた。
雨が二日も降り続いたので雪も雨で溶けてフキノトウも埋もれてはいないだろうと車を
走らせて海抜400mくらいのところから50m先が全く見えない濃霧におそわれた。

前照灯を点け慎重に走っていたら前方からまったくライトをつけない車が走ってきた。
見ると20代の若者だ。若者がいけないとはいわないが、常識がない。自分のことしか
考えない今風の人間だ。鍛えなおさねばと思っても、腕力でははるか負けている。

この写真を撮ったところから100mくらい走ったところでウインカーも出さず停車して
いる車を発見。肝を冷やす。運転手はいない。愛媛のドライバーは惨浅(こんな漢字
あるのか)である。三銭と書くのかも知れないが・・・。

またフキノトウを50個ほど採って帰った。20個ほど天ぷらで食べたと思うけど気分
が悪くてその夜は最悪の夢を見た。今年はもうよかろう。途中、前述のアオサギが
同じ恰好で鳴いていた。