帯に短し、たすきに長し

14102426インチテレビ失敗
夏のあいだはおおきなテレビのある部屋で夜の夜長を過ごしているが、寒くなってくると
やはりコタツのある生活に憧れるので6畳の和室に移動して来る。

最初のときは夏に見てた大きなテレビをこちらへ運んできたが、近くで見るため目がまわる
ほどで体調を崩したため、この部屋にもテレビを一つとケーズ電器へ買いに行く。
32型くらいが丁度いいと思って買いに出たのだが、たくさんあるテレビをみていると26型
でもいいのではないかと思い、安いこともあって買って帰った。

これが目の錯覚で丁度いいと思ったものが今度は小さ過ぎ小さな文字が見えない。
やっぱり32型でないといけなかったと後悔しまくっています。
そこでネットのオークションで32型を捜すが、女房には1万円以内なら買ってもいいと言わ
れており、そこの折り合いがうまくいかず、10日以上たつがいまだに落とせていない。

2万も出すなら新品が4万弱で買えると思うとなかなか踏ん切りがつかない。1万を超えたら
差額はわたしが払うハメになるので頭が痛い。

わたしはラジオ党なのでトランジスタラジオは話せない。おっともうトランジスタではないのか。
チップラジオといえば情緒がない。100均の湯呑みがある。娘が父の日にと買ってくれた
赤い物入れには、なにもかも詰め込んでどこのコーナーにあるのか捜さなくてはいけない。

コンピュータの具合が悪いので壊れたらちょっとの間お休みになります。あしからず。

紅葉遅れる

141021秋の庭
もう11月がこようとしているのに、今年はうちの庭はまったく紅葉が始まらない。
この庭は95パーセントが落葉樹なので冬になると、この庭はなんなんとおどろく
人が多い。 

空間がス抜けてしまって庭としての佇まいがまったく無くなる。緑色があるのは
モッコク、キンモクセイ、ミモザ、ユーカリ、オリーブくらいであとの樹木はすべて
葉を落としてしまう。

これからは毎日毎日ケヤキの落ち葉の処理をしないといけない。この葉は腐葉土
にする目的があるから毎朝ほうきではけるが、なんの目的もなかったら庭の掃除
なんかしたくない。

庭に敷いているレンガは、一枚の大きさが普通のレンガの3枚分ある大きさなの
だがこの一枚が50円だった。それは高知のレンガ館という店で東南アジアから輸入
したもので、日本のように硬い焼きレンガではない。

25枚づつ2回にわけて高知まで買い付けにいってきた。乗用車にこの大きさの
レンガを25枚積むと前輪が地面についていないのではないかと思うほどハンドルが
軽くなり、高速道路を走るのが危険きわまりなかった。

すこし柔らかいレンガであるが、もう10年近くになると思うけど、毎日踏んでいる
わりにはすり減ったりはしていない。危険を押してでも、もうけもののレンガであった。

あしながおばさんが大勢

141022籐椅子
20年ぶりくらいで籐椅子を買い換えた。というのは正しくはない。
本当は買ってもらったというのが正しい。
お客様がいつもお世話になっているので何かしたいと思うけど思いつかないので
少ないですがこれで何かお店に役立つものを買ってくださいといわれて封筒を
置いて帰られた。

はたと考えたがそうだコンサートのときにイスがなくなり立見席になっていた事を
考え、2つの籐椅子を座るところに硬紙を敷きそのうえに敷物を敷いて使っていた
壊れかけの籐椅子をふうが悪くて出せなかったのを取り替えようと思い立つ。
(文章おかしい?)www

20年以上使っていたので、ある程度籐がふにゃふにゃして体に馴染んでいたが
これは新しいので硬い箱に座っているように感じるが、また慣れるであろう。

女房と「我々は恵まれ人生かもしれないな」と話したことがあるが、貧乏を前面に
出しているのか人からめぐまれるのが多い。否女房の人間性かも・・。
店を出すとき新品のピアノを一台、あしながおばさんとでもしておいてといって
女房の友だちが贈ってくれたのを手はじめに、10年ほど過ぎたときに何かに
使ってと封筒を手渡され、20年使った店の中にあったエアコンを買い換えた。
籐椅子で3度目である。

今度は車を買い換えればと封筒をくれないかなあ。(わたしの人間性)

黙ってもらう

141019朝採りミニトマト
女房が朝散歩に行くときよく薄いポリ袋をポケットに入れるのを目にする。
どこで採ってくるのか知らないけれど、ミニトマトだったり木いちごだったり、ときには
大きなすっぱい夏みかん(ジャム用)だったりする。そうだイチジクもある。
トマトやいちごは朝の食卓に出てくるのでわかる。うちにあるミニトマトは硬いので
これはお百姓さんが作ったものだとわかるのである。

夏みかんなんかは三日くらい続けて2個ほどづつ持って帰っている。
聞くとどこかのお百姓さんが、収穫しないで落ちるまで放置しているのでもったいない
から貰ってくるとのこと。

大根を持って帰らない?と云ってくれるお百姓さんがいるけど、あれは重くてとてもムリ
とのこと。でも里芋の葉っぱを持って帰るくらいだから大根くらい平気じゃないの?

帰ってくると戦利品みたいにブロック塀の上においてラジオ体操を車の後ろでしている。

初めて実がなる

友人からもらった一本のムベの木。あれからもうかれこれ4年になる。
今年やっと実がなった。いままでも花は咲くが実になりそうで、あずき大
になったころポロッと落ちていた。

141021むべ

柑橘類も花が咲いて1cmほどの実になったころ、ポロッと落ちてしまう
ことを友人に話したらそれは肥料が足りないからだといわれた。

前に友人からもらったムベの実はタマゴくらいしかなかったが、今年
初めてなった4個の実はかなり大きい実である。実の高さは8cmほど
あるのだ。来年もしっかり肥料を効かせてもっとたくさんの実がなるよう
育ててみたい。

このムベは平安朝のころお公卿様たちが好んで食べていたらしく庶民の
手の届かない果物だったらしい。

ヤキイモのシーズン到来

141019さつまいもの保存

ヤキイモのシーズンがやってきました。
わたし個人はイモ、栗、南京は好きではありませんが、イモや南京のべちゃべちゃした
おの食感は好きです。クリだけは口の中が爆発しそうで食べる気にはなりませんが・・・。

産直市などで買ってきたイモを保存しておくのに、横70cm高さ45cm奥行25cmの木の
箱にモミ殻を詰め、その中に保存しております。この木箱は年季物です。ダッチオーブンが
入っていた木箱で20年物です。こうすることで大体ひと月くらいはもちます。

隣が家の新築をしている関係で木っ端をたくさんもらってきているので、今年中のヤキイモの
燃料は確保完了です。

いま保存しているイモは安納イモと紅はるかの2種です。べちゃべちゃしたヤキイモが出来
上がります。イモはいくら焼いても残ることはありません。

追伸 甘いイモの見分け方は端っこの折れているところが真っ黒になっているイモを捜して
ください。間違いなく甘いです。

家路につく太鼓台

141017家路につく太鼓台
午後一番より新居浜太鼓台が30台あまり一箇所に集まり、担き比べを全力で行い
この写真を撮ったのがもう夕日の色のなか、担き夫が200人余りで担き差し上げて
体力を使い果たしたあとの我が家路につく太鼓台。憂愁が漂う。

担い手もパラパラになり、先導車のロープに引かれながらよろけた足にムチを撃つ。
でも掛け声だけは他に負けじとかすれた声を絞り出す。そーりゃせーじゃドンデンドン、
そーりゃせーじゃドンデンドンと太鼓に合わせて単調な言葉を繰り返す。

この太鼓台とおなじような太鼓台が我が家の前を通り夕日に向かって合計7台が
帰って行った。みんな同じように疲れた顔をしていた。
でも祭というと内心はみんなうきうきして、まだあす一日祭があるとほくそえんで
いるのがズボンが落ちそうな腹を見るとわかる。みんな祭りが好きなのだ。

オレンジ色の屋根の我が家が森の中から家路につく太鼓台を見送る。

本が1円

1410161円書籍
アマゾンでの出来事。
ある人のブログを見ていて、そこに載っていた書籍に興味を持ちアマゾンで購入しようと
その書籍をだすと定価税抜き1,200円とあった。
素直にそれをそのままクリックすると1,200円+消費税+送料とある。
おおよそ1,500円の出費となるが、そこに小さく新品1円からとあったので何だろうと
クリックすると1,200円の本が1円で何社かが提示していた。

信用できなかったが、そのうちの1社で購入する。
2日後書籍は届いたが、送料が書籍の257倍ではあるが間違いなくそれ以外のお金の
追い足しはなかった。書籍のタイトルはその人の名誉に関わるから書かないこととする。

どうしてこんな仕組みがあるのだろうか。その会社にはなんの利益があるというのだろう。
不思議な仕組みがあるものだ。
フェイスブックの仕組みも今ひとつわからない。名前はハンドルネームは絶対だめ、本名
を名乗るのが常識といいながら、内容が普通の人には見えないような仕組みがあるとの
こと。何なんそれッ!という感じ。わたしからいわせればバカげた話。

仕組みのわからぬことがインターネットにはいっぱいあるなあと思いながら、その話から
逃れようとしないわたしもいる。

まじいッ!

141007傘代わり
50年前はこんな格好で田んぼのあぜ道を歩いている人を見かけたような気がしますが。

毎朝散歩を日課にしている女房が、或る日途中で雨が降り始めたので傘を持って行って
やろうと傘を持って勝手口から出ようとしたところ、ローソンのところを変な傘で歩いている
きれいな女性がいるではないか。

瞬間的に女房とわかり、すぐにカメラをとりに家にはいり出てきたところ、もう家に入ろうと
しているところだった。シャッターチャンス!

以前にも外のゴミ入れのなかに大きなサトイモの葉っぱが捨ててありどうしたんだろうと
そのときは思ったが、・・・これだったのか。

あんな格好で恥ずかしくないのかと尋ねたところ、別に、なにもとあっけらかんとしている。
わたしはあんな姿で50mも歩けんヮ。

完璧なミル

141010コーヒーミル
まあなんとアマゾンは早い。きのうの昼頼んだらはやくも今朝10時には届いた。
どんなになってんだろう。
東名・名神を100km/h出すか出さぬかで追い抜いて届けてくれたのだろう。
いっしょに走っているときはこの箱物め!といい顔が出来ないが今回は許す。

今回のミルは昨日の貯金箱の5倍ほどする金額をはりこんだ。本物の銅製の
ミルだ。早速今日はおいしいコーヒーが飲める。
もう一つだけ揃っていないのがあるのだが、ふつうのポットでも代用出来ない
ことはないが、そこは道具からはいる芸達者な若者。
注ぎ口がS字のようにふにゃふにゃになった細管の電器ドリップケトルが一緒に
頼んだのにまだ到着していない。

出費した分マージャンで帳尻を合わすことが出来るだろうか。甘くはないか・・。

早とちり

141009コーヒーミルの偽物
昨夜の皆既月食では知識が薄くとんちんかんのことばかり書きました。

今日は笑えない早とちりです。
知り合いの方がコーヒーミルで豆をひいてコーヒーをいれてくれたのが
とてもおいしかったので、20何年まえに捨てたコーヒーを自分でたてる
道具一式がまた欲しくなり、ネットで写真のコーヒーミルを注文しました。

安かったのです。これで1,280円、レトロな気分になれるわいと思って
到着して驚いた。
これは貯金箱でした。ハンドルも回らず、引き出しも出ない、後ろに黒い
アナがあり、500円どころか1000円金貨を重ねて3枚くらいはいる大きさの
貯金箱でした。

おまけにこんなのが1200円くらいで4個もはいっておりました。
どなたかもらってくれる方いませんか。写真だけで物を買うくせがついており
文章をよくよまないのがこの結末です。嗚呼・・。

とにかくコーヒーミルを売っている業者に物申す。本物のミルの製品が並んで
いるところにおもちゃの貯金箱など紛れ込ますな。くそー。

お月さんが欠けた

141008月が欠ける
今日は月食か?たまごの黄身みたいなお月さんが欠けてきました。
いまはたしか満月をすこし過ぎた月齢だと思うけど欠けてます。

あんまりみたことがないようなお月さんです。いつもお月さんがこんな
色に見えて薄暗い毎日だったら、夜のお仕事はうまくいくでしょうね。

自転車を外に置きっぱなしにしていたのを思い出したのであわてて
取り込もうとしたら、こんなお月さんに逢ってしまったので自転車そっち
のけでカメラをとりに家の中に。

1200ミリまで伸びる簡易ばかちょんカメラをもってきたが、果たして
露出をマニュアルにしようと思っても暗くて、また使ったことが2,3回
しかないので出来ず、オートのままとったら1.5~2.0EVくらい露出
不足になってしまいました。
オートなら露出オーバーにならなければ計算が合いませんが、とに角
シャッターをおろしたらこんなになりました。

もたもたしているうちにお月さんが暗くなってわからなくなってしまい
ました。
今度逆に明るくなるときにもう一度挑戦しようという馬力はもう私には
ありません。お月さんはこれで終り。

台風一過はやくも暖房

141006暖房
台風18号は、あのコースを通ると新居浜はそよ風も吹かないほど静かな
台風一過となる。ここ7年くらいはまったく新居浜には台風が来ない。
四国山地が風をブロックしてくれるからだ。

10年前までは台風というと必ず九州を通過するか、九州と四国のあいだを
通ると新居浜はこてんぱんにやられて被害甚大であった。
地球温暖化にともなって台風の進路が変わってきたから、これからの台風は
新居浜をとおることはないような気がする。これからも高知県沖を通って
もらいたいものだ。(料簡狭し男・・)

本題に戻るが、はやくも10月6日暖房を入れる。わたしは冷房はなくても
案外我慢が出来るが、寒いのはたまらん。お盆のころ冷房をいれようとすると
スイッチが冬の暖房のままの状態だというのがよくある話だ。

これからはそろそろこたつをセットする部屋にこたつを出して、腰までこたつに
入ってぬくぬくとテレビで「剣客商売」を見たいものだ。(生活まるわかり・・)

おっと!へんなものが写っている。気がつく人はいないか。

散歩中の食事

140928ナツメ
9月の中頃までは、家の庭を回る朝の散歩のときにミニトマトをだいたい7個くらいを
採って食べていたけど、だんだんトマトの実が少なくなってお店の食材に支障をきたす
からもう採らないでと女房に云われ、そのとおりにする。・・・が、なにか口寂しいので
何かないかなとおもってたところ、ナツメの木があったのだ。

なぜかわからないけど、トマトと同じようにたべてると腹が張って朝食が食べられなくなる。
ナツメはリンゴのような味があるが小さいくせに腹が張る。

ナツメの食べごろはこの写真にあるように褐色のいろが2、3割くらい現れたくらいが最高。
これ以上褐色がふえると果肉が柔らかくなって、味が落ちる。

あと10日もするとナツメも熟れすぎて苦くなるので食べられなくなる。
もうそのあとはなにも食べるものがなくなるのが寂しい。

家の周りで食べられるものは、ミニトマト、ナツメ、ブルーベリー、木いちご、ジューンベリー、
チョコレートベリーくらいだと思う。つぎにたべられるのは来年5月のジューンベリーだ。