二代目「クロモジ」採り

95クロモジ
12月24日わたしには何も予定がないので、山へ「クロモジ」の木を採りに行く。
クロモジという木はあるところには無数にあるが、無いといえばまったく見つけられない。
朝の7時といえばまだ暗い時期だ。山の麓へ着くころ夜が明けてきた。

夜が明けかけたときの山は何かぞんぞんと寒気がする。一人は怖いのだ。
この年になってもお化けがいるような気がしてネー。

なぜ「クロモジ」をとりに行ったかといえば、15年前に持って帰っていた木が突然枯れてしまっ
たからなのです。クロモジも最初の3年くらいは木の幹が墨をまぶしたように真っ黒だが、それ
以後はだんだんグリーン色に変わってくる。山の激しい気温の寒暖差と朝霧がない平地では
あの消し炭のような黒は望めなくなってくる。仕方のないことのようだ。

3本掘り起こしてきた。なぜ3本かといえば1本は枯れると思わなければならない。最悪でも
1本は助かって成長するだろう。
国有林だが誰かに許可をとらないと怒られるのだろうか。文句があるなら矢でも鉄砲でももっ
てこい。

いや話がまったく違うが、今度山へいったらこのクロモジの枝をたくさん採ってきて、小さく
切り刻み干して煎じてみよう。いいお茶が出来るかも。
この木を生でかじってみてもものすごくいい匂いがするのだ。さすがツマヨウジにするはずだ。

補修した鉢

96鉢の補修
このあいだ壊れた鉢を載せてみましたが、あれから1週間あまり、もう完全にくっついたと
思うので写真に撮ってみた。不細工で素人っぽいけどなんとか頑丈にくっついたようだ。

結構大きい鉢(33cmΦ)なので買ったら1000円以上はするだろうと修繕することにした。
最近(前からかも)お金をかけない生活をもっとうにしているので、なんでもよみがえらそうと
苦労している。

そのうち自分の体も補修しないといけないときがくるだろう。

防災訓練か

81災害訓練か
3月の始め、うちの前の歩道を2列になり、150人くらいが行進していた。
いでたちは上下統一服(片から二の腕にオレンジの帯あり)、足元は長靴だ。
消防服の感じがした。

訓練は時間がかかるがやっておかないと段取りと自分の取り組むスタイルが
身につかぬ。震災のあと徒歩で決められた場所に移動中であろう。

スズメがピーチクパーチク、がいがいざわざわと私語がうるさいが、実際災害が
起きたときはこんな遠足みたいな気持ちにはなれないが、でもみんなで声を掛け
合いながらの行進は有効であろう。君たちは将来があるがんばれ、おいちゃんは
もうこのへんでいいんだ。

マイサイクル

87自転車
娘が17年乗り続けた黄色の自転車をもうこの自転車は卒業するとのことなので
2年前に京都に行ったときに貰って帰った。

ブタ皮のサドルが気に入ってそのサイクルばかりにのっていた。あるとき自転車
仲間が「いっちょうええ自転車を買わんといかんのお」といわれて仕方なくローカに
飾っていたロードバイクを出してきた。ハンドルだけをクロスバイクに変更しているが
本当は競輪選手のようなハンドルだったのだ。

ロードバイクのハンドルは下にさがるので腰の悪いわたしには不向きなので変えて
みた。このほうがはるかに長時間に耐えられる。毎日乗っていれば細いサドルにも
慣れ、痛さを感じなくなるのだけどあのブタ皮の乗り心地には勝てない。

この春はこの自転車で「ひとり走り」を満喫したいと考えている。

風向計

86風向計
以前はアルミのプロペラにボールベアリングで本格的に作って、エツにいって動いていた。
しかし、ある年の春一番でベアリングごとプロペラがすっ飛んで行方不明になた。

一年ほどほったらかしにしていた風向計だが風向だけはわかるが風の強さがわからない。
直さなければいけないと思うが最近、金をかけたくないと思うようになった。
モグラ脅しの要領でペットボトルで作ってみた。

これで十分、よく回る。風の方向も教えてくれる。高さは4mくらい。

もともとなぜこの風向計がいるかというと、もうちょっとしたらこいのぼりの季節がくる。
うちは電信柱にこいのぼりをあげるので、風向きによったらコン柱にこいのぼりが巻き付いて
はずすのに弱るので、あらかじめ風の方向が知りたいだけのことでした。
北東の風の日はこいのぼりはあげられません。

廃品利用か

89廃品利用
写真左は長いこと土管のなかに1/3ほど突っ込んでいた植木鉢を、土の交換をしようと
持ち上げたら鉢が割れてしまった。
こうなるとすぐに考えるのは「もう使えないだろうか」ということ。接着剤でくっつかないか
そう思うとすぐに洗って干してある。
また一週間後くらいには少々見栄えが悪いが、庭で本来の働きをしていると思う。

右の写真は鉢置き台になっているのはガーデン用長イスの背もたれの部分。いも鉄で
出来ている。
長イスはもう25年くらい庭にあったが座る部分の板が腐ってしまい、張り替えようとしたが
材料費のほうが高くつく。これと同じイスを買ったほうがはるかに安いことが判明した。
なので背もたれがおしくてこんな廃品利用になりました。
鉢に植えてあるのはブルーベリーと性質が似ている「ハスカップ」という植物ですが、まだ
新芽がでておりません。夏にはおいしい実がなります。

冬のぬくもり

83焚き火のぬくもり
冬になると、自分でこさえたレンガ炉で、よく焚き火をする。
端からみればなんと芸のない、もっと前向きに人生をとらえられないのかと
お叱りを受けそうだ。暇なもんだね、何かすることがないのかねと・・・。

自分でこさえた腰掛に座って火の番をしている。
と思いキャ、この上ではさつまいもをダッジオーブンにいれて石ヤキイモを
作っている。ただの芋ではない。安納芋だ。
わたしは栗やヤキイモ(硬いこうのふいたもの)かぼちゃは大嫌いである。
かぼちゃでも柔らかい種類は好きよ。

安納芋はべちゃべちゃして実においしい。

昼間の月

88上弦の月

このあいだヒョンなことからスタイルは一眼とよく似ているがデジカメの部類にはいる
フジFINEPIX・SL1000というカメラが格安なので買ってみた。

なんで買ったかというとこのカメラ35mm換算で24ミリから1200ミリまでがカバー
できるフジノンレンズだったからである。1200ミリを手持ちでシャッターが切れると
いううたい文句なので、ほんとうかなあと半信半疑ダメモトで勢いよく買ってしまった。

写真は1200ミリ手持ちで撮影したのだが、もちろん手ブレ防止ONで撮ったものだ。
でも1200ミリにして被写体をファインダーに入れるのは至難の業であった。
むかし、野鳥の会でフィールドスコープで鳥をフレームに入れるのが至難の業だった
ことを思い出した。

月をフレームの真ん中に入れようとしても無理だった。ほんの1mm動かしたら月が
フレームからいなくなるのだ。これは上弦の月か?

このカメラ、オモチャと思えば使い出があろう。少しニンマリ。今日のデジタルカメラが
ものすごい進歩をしているのを直接肌で感じたこのごろである。

スニーカーの細工

85スニーカー

私は短絡主義者かもしれない。例えどんな高価なものでも惜しみなく手を加えて
細工をしてしまうクセがある。
家にも相当細工をほどこしている。生活するのに便利なようにしておかないと気が
済まない。
新しく買ったものがボロボロになるときが数多い。失敗してもう一度買いなおす時
もある。バカげたものである。

スニーカーも例に漏れず、スニーカーをサンダルと同じ感覚で履けるように買った
ときに細工をほどこす。結び目を細工することにより、ベロが下に落ちないように
している。これはもう30年前から同じことをしている。

人から見ればそれがどしたん?といわれそうだが、私には毎日朝から晩まで同じ
スニーカーを履き通すので、サンダルと同じ感覚がないといけないのだ。
2年間履き通したらボロボロになって買い換える。そしてまた同じ細工をするのだ。

ブナの地植え

84ブナの地植え
4年ほど前、石鎚山へ登ったときブナの実というか種を拾ってきて植えてみた。
10個ほどの種から発芽したのは3本だった。2本はよそへ貰われていった。そのうちの1本が
小さい鉢から3回植え替えて、今年やっと70cmほどに成長した。貰われていったところへ
聞いてみたら二人とも枯れたとのことだった。やれやれ・・

もう地植えをしても大丈夫だろうと思って、大きくなってもここなら大丈夫だろうと思うところに
今日移植した。となりに幹が8cmくらいに成長したアメリカハナミズキがあるがブナが
大きくなったらそちらを切り倒せばいいやと、接近させて植えた。クレマチスも植えてある。

ブナという樹木は新芽が出るのが6月から7月と遅いが、大木になる木である。
一般の家庭で植えているのは聞いたことがないぞ。孫が老人になるころやっと一人前の木に
なるだろう。山内家のシンボル木にすればいい。それまでうまくもつかなあ。

鉢植えの台はちょうど裏面にクレオソートを塗って表も塗ろうとしたが、今夜は雨らしいので
この雨がやんだら塗ることにしている植木鉢をとっぱらったところだ。クレオソート処理を
したら2、3年はそのままでOKだ。

変わった植木鉢

82変な植木鉢
うちの庭には変わった植木鉢が3種類あります。Aはこのあいだ書いたホットプレートに桜草を
うえたもの(もう門扉のところに出してはおりますが、なかなか発見してくれません。)

Bは中華鍋にホタルブクロを植えており、この中華鍋が一番古くもう5年くらいになります。
底の鉄板が腐りかけております。

Cは電信柱に取り付ける電球の笠を反対に使っており、植えているものは忘れな草です。

いずれも花の最盛期になると鉢がみえなくなってしまうので、なるべくこんな時期にお客様に
発見されたいものです。

看板の(年中・日休)は一年中日曜のみ休みということです。ほんとうは(年中無休)と書いて
いたのですが、オープンして3年経ったころたまらなくなり私が書き換えました。